釘を一本も使用しない「釘のない海の家」がリニューアル!!

2018.05.30

イベント概要

「海岸における釘の散乱状況調査の実施結果(2010年・かながわ海岸美化財団)」によると片瀬東浜を含む湘南海岸の5海岸で1日に回収した釘は、約19,000本にのぼり、海の家の解体時に釘を落とさない工夫などが必要だとされています。
今後、日本全国の海の家の建築において、釘などの危険物が放置されたままの海岸が改善されてゆくきっかけとなるようにと願いを込め、NPO法人海さくらと日本財団は、2017年に日本で初めて片瀬東浜海水浴場の砂浜に「釘のない海の家」を建築しました。今年は昨年よりもさらにパワーアップして、引き続き、多くの人たちが安心して裸足で砂浜を歩ける様に、砂浜をより「安心」・「安全」な場所とする為に、釘を一本も使用しない海の家の工夫があらゆる浜で実施され、釘が浜からなくなる事を願っています。

「釘のない海の家」は日本財団がオールジャパンで推進するプロジェクト“日本財団「海と日本プロジェクト2018」 ”の一環として実施します。

内容

第1弾「天幕に絵を描こう」

昨年、東京オリンピックのロゴをデザインしたアーティストの「野老朝雄(ところあさお)」さんに天幕のデザインをお願いし、子供達に色を塗ってもらい大きな魚のデザインを描きました。
今年も地元の子供達、約40人に魚のデザインを描いてもらうワークショップを開催します。昨年と同じ天幕に魚のデザインを追加して描いてもらうワークショップです。

日程

6月3日(日) 13:30~15:00

団体名

NPO法人海さくら

場所

藤沢市立片瀬小学校体育館(神奈川県藤沢市片瀬2丁目14-29)

事業サイト

http://kuginonai-uminoie.com/

お問い合わせ

NPO法人海さくら E-mail risa@umisakura.com

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。

日本財団

釘を一本も使用しない「釘のない海の家」がリニューアル!! のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。