「海の日」を迎えるに当たっての内閣総理大臣メッセージ

海と日本PROJECT
著名人応援団のみなさま

海と日本PROJECTに賛同・支援いただいた著名人のみなさまからのメッセージを紹介しています。

北海道知事
高橋はるみ
ホームページはこちら

北海道は、四方を太平洋、日本海、オホーツク海に囲まれ、日本一の水揚げ量を誇る新鮮で美味しい魚介類、そして、流氷により海から陸へとつながる豊かな生態系がもたらされている世界自然遺産「知床」など、海の持つ多様な価値を最も享受している地域であると、考えます。
「海と日本プロジェクト」の取組を通じ、こうした北海道の海の魅力を多くの方々に知っていただくとともに、海の環境が守られ、未来を担う子ども達にしっかりと引き継がれていくことを期待しており、私も応援いたします。

青森県知事
三村申吾
ホームページはこちら

青森県は「海の記念日」発祥の地であり、日本海、津軽海峡、太平洋、陸奥湾と豊かな海に恵まれています。県では豊穣の海づくりを進めるため、水産資源の増大や山・川・海をつなぐ「水循環システム」の再生・保全などに取り組んでいます。この「海と日本PROJECT」についても、豊かな海の恵みを再認識し、未来へとつなげるきっかけとなるよう、お手伝いさせていただきます。

岩手県知事
達増拓也
ホームページはこちら

いわての海は、時に津波災害をもたらしますが、黒潮と親潮が交錯する世界3大漁場がもたらす海の恵み、リアス式海岸に代表される雄大な景観美など、豊かな資源が人々の暮らしを支えてきた海です。
岩手県としては「海と日本プロジェクト」の活動に携わる皆さんと共に、いわての海を守る取り組みを進め、震災の記憶ととともに、この貴重ないわての海の恵みや、その魅力を国内外に向けて発信していきたいと考えております。

宮城県知事
村井嘉浩
ホームページはこちら

宮城の海は日本三景の松島があり、400年前には支倉常長がローマに向けて出港するなど、夢とロマンにあふれています。加えて、牡蠣・銀ざけの養殖や、マグロ・カツオの水揚げなど、海の恵みにも満ち溢れ、東日本大震災により壊滅的な被害を受けた水産業も着実に復旧してきています。今回の「海と日本プロジェクト in みやぎ」では、映像やイベントなどを通じ、宮城の海と水産物の魅力を広く県民に伝えていけるものと期待をしております。この夏、ぜひ宮城の海に触れ、海の恵みを味わってください。

秋田県知事
佐竹敬久
ホームページはこちら

秋田県の沿岸部では、様々な海の幸が豊富にあり、太古の昔から、私たちはその恩恵を受けてきました。
秋田県としては、県魚のハタハタなどの資源管理型漁業の振興とともに、海を取巻く山や森、里や川の環境保全活動を推進しているところであります。
「海と日本プロジェクト」の開催を契機に、海辺の環境保全がさらに推進されますとともに、海に関わるみなさんのネットワークが一層拡大されますことを強く期待しております。

福島県知事
内堀雅雄
ホームページはこちら

夏本番を迎え、福島県ではいわき市の勿来と四倉の海水浴場が7月16日からオープンするほか、翌17日には南相馬市の北泉海岸でサーフィンの全国大会が6年ぶりに開催されるなど、夏を満喫できるイベントが目白押しです。
この機会に、是非、福島の海を訪れていただき、復興の歩みを進める姿を御覧いただきますとともに、夏のレジャーや豊かな海の幸をお楽しみいただければ幸いです。皆様のお越しを心からお待ちしております。

茨城県知事
橋本昌
ホームページはこちら

太平洋に面した茨城県は、南北約190㎞にわたる風光明媚な海岸線に、波の穏やかな入り江、白く美しい砂浜など18の海水浴場があり、海水浴や潮干狩り、さらにはサーフィンなどのマリンスポーツを楽しむため多くの観光客が訪れています。
また、茨城の海は、黒潮と親潮がぶつかり合う魚介類の宝庫で、本県の海面漁獲量は全国3位を誇り、日本の豊かな食文化を支えています。
古より私たちの暮らしに大きな恵をもたらしてくれる豊かな海を、みんなできれいにするとともに、魚介類の保護・育成に努め、次世代に引き継いでまいりましょう。

埼玉県知事
上田清司
ホームページはこちら

県土に占める河川の面積割合が日本一である埼玉県では、「川の国埼玉」を掲げ、現在、みどりと川の再生に取り組んでいます。
水源地であるみどり豊かな森から生み出される清らかな水は、やがて川となり、そして海へとつながります。
この森、川、海における生態系のネットワークにより、私たちは豊かな自然の恵みを享受することができるのです。
埼玉県では、これからもみどりと川の再生にしっかりと取り組み、豊かな海を未来に引き継いでいけるよう努めてまいります。

富山県知事
石井隆一
ホームページはこちら

富山湾は、平成26年10月にユネスコが支援する「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟を全会一致で承認されました。富山県では、富山湾のその魅力をさらに高める様々な取組みを推進しているところです。
次世代を担う子供たちや若者を中心とする多くの県民の皆さんが海に好奇心を持ち、行動することを目指す「海と日本プロジェクトin富山」の活動は、富山湾の活用・保全や魅力の発信につながるものであり、私も応援しています。

石川県知事
谷本正憲
ホームページはこちら

石川県は三方を日本海に囲まれ、一年を通じて新鮮な海の幸に恵まれています。また古代から、海を通じた大陸や日本各地との交流により、様々な文化が伝えられてきました。さらに世界農業遺産「能登の里山里海」では、「揚げ浜式塩田」や「海女漁(あまりょう)」など、今も海から多くの恩恵を受けています。このかけがえのない財産である海を、「海と日本プロジェクト」により、県民の皆さんと共に後世にしっかりと伝えていきます。

福井県知事
西川一誠
ホームページはこちら

福井県の若狭地方は、海産物や塩などで都の食を支えた歴史があり、現代でも福井県沖の漁場からは、冬の味覚の王者である「越前がに」など多くの美味しい地魚が水揚げされています。
福井県では、海や湖の自然に関する情報や体験を提供するとともに、里山里海湖を次世代に継承する取り組みを進めています。また、化石や遺物の年代を測定する「世界標準のものさし」となった水月湖の「年縞」は、若狭の豊かな里海湖を象徴するふくいの「宝」です。
「海と日本プロジェクト」により、この豊かな海が次世代に引き継がれていくことを期待します。

山梨県知事
後藤斎
ホームページはこちら

山梨県は海には面していませんが、古くから「魚の道」と呼ばれた街道や塩を運んだ富士川舟運などにより、海の恵みがもたらされる一方で、海に注ぐ川の源流を守ることで、海への感謝と畏敬の念を表してきました。
これからも、海が多くの資源にあふれ、豊かであり続けるためには、海とつながる森を育んでいくことが必要です。
県土の約8割が森林である本県は、これまで以上に森づくりに取り組み、日本の魅力ある海を次世代に引き継いでいくよう努めて参ります。

長野県知事
阿部守一
ホームページはこちら

長野県の山や森、河川や湖は長野県の貴重な財産です。同時に長野県だけのものではなく、日本全体、世界にとっても重要な財産だと思っています。その財産をお預かりしていると思って自然環境の保全にしっかりと取り組んで行きたいと思っています。
海なし県であっても海と近接していることを意識して自然の保全、海や山の資源の利活用を他の県の皆さんとも一緒になって考えて行きたいと考えています。

静岡県知事
川勝平太
ホームページはこちら

日本はよく海に囲まれた国といわれていますが、むしろ海に開かれた国柄です。古きより海から多くの恵みを享受するとともに、海の優しさと厳しさ、美しさを感じながら暮らしてきました。伊豆半島から駿河湾、遠州灘までの500kmを超える変化に富んだ海岸線を有する静岡県にとって、このプロジェクトが、人々と海をつなぎ、海の可能性を探り、そして“ふじのくに”静岡県の海の魅力を体感していただけるきっかけとなることを期待しています。

滋賀県知事
三日月大造
ホームページはこちら

瀬田川から淀川を経て大阪湾へと注ぐ日本最大の湖・琵琶湖。近畿圏1,450万人の命を支える貴重な水源であることなどから、平成27年制定の「琵琶湖保全再生法」において、琵琶湖は「国民的資産」であると明記されました。
周囲を山々に囲まれ、中心部に琵琶湖を有する滋賀県は、森・川・里・湖のつながりを体感できる場所です。皆様も日々の暮らしの中で、水のため・海のために何ができるかを考え、行動に移して欲しいと考えています。

京都府知事
山田啓二
ホームページはこちら

京都府では、府北部地域を、「海の京都」というキャッチフレーズのもと、市町、地域と一体となって、観光まちづくりに取り組んでいます。
こうした中、本府が取り組む、恵み豊かな海を守り育てるための漁業者による森づくりや、美しい海岸景観の保全事業、地域の次代を担う人材育成事業などは、日本財団が次世代に海を引き継ぐアクションとして進める「海と日本プロジェクト」とも、相通ずるものであり、この活動を応援・連携するとともに、今後、ますます全国に広がることを期待しております。

鳥取県知事
平井伸治
ホームページはこちら

鳥取の海は日本一透明度の高い水深25mまで見える美しい海のひとつです。無数の生き物が生息し、ダイバーの憧れの地になり始めました。夏は岩ガキが獲れ、沖合にイカ釣りの船が並びます。海女(あま)の皆さんが海産物を収穫し、子供たちはカヤックやシュノーケリングで遊びます。海と生きる素晴らしさを鳥取から世界中に伝えていきたい。この大切な海を県民の力で守っていきたい。海(うみ)はすべての愛情、夢を生み(うみ)出します。

岡山県副知事
足羽憲治
ホームページはこちら

岡山の海といえば、瀬戸内海です。
本州と四国に囲まれた非常に穏やかな海には、多くの人の心を魅了する景観や豊富な海の幸があります。また、貿易などの面においても古くから本県に欠かせないものです。
岡山県では、今年、瀬戸内海の環境の保全に関する計画を大幅に見直し、美しい景観や環境の保全にさらに力を入れていきます。海と日本プロジェクトを通して、岡山の海、瀬戸内海の魅力や大切さをより多くの人に知っていただけることを期待しています。

広島県知事
湯﨑英彦
ホームページはこちら

広島県の海には,生産量全国一を誇るカキなどの美味しい食べ物や,瀬戸内の多島美などの自然景観,宮島,尾道水道といった人の営みを感じさせる歴史・文化・風情あるまちなみなど個性的で多様な魅力があります。その中には,県民にとって当たり前すぎて気づいていない資源や,それを守る人の活動も多くあります。このプロジェクトで様々な海の魅力を伝えることで,豊かな海を未来へ引き継ぐアクションのきっかけとなることを期待します。

山口県知事
村岡嗣政
ホームページはこちら

海、それは私たちに様々な恵みを与えてくれます。三方を海に開かれた山口県は、穏やかな瀬戸内海と荒々しい日本海に面し、それぞれに異なる美しい風景や豊かな海の幸など、海の恵みに溢れています。古くは大陸文化伝来の玄関口となり、海上交通の要衝として発展した本県は、“海口県”でもあるのです。
この海を次の世代へしっかりと引き継ぎたい。プロジェクトを通じ、そうした思いを多くの皆様と共有できることを願っています。

徳島県知事
飯泉嘉門
ホームページはこちら

徳島は、「瀬戸内海」「紀伊水道」「太平洋」と3つの海を有し、四季折々様々な表情を見せてくれます。世界遺産を目指す「鳴門の渦潮」から県南の「リアス式海岸」まで訪れた人々の心を捉えて放さない素晴らしい景観が、お待ちしています。
また、鳴門ワカメや漁獲高日本一のハモ、伊勢エビや黒アワビまで、新鮮な魚介類をお届けするとともに、スキューバダイビングやサーフィンとマリンスポーツのメッカとして多くの人々を魅了します。さあ皆さん、このプロジェクトを通じて、徳島の豊かな海を未来へとつないでいきましょう!

香川県知事
浜田恵造
ホームページはこちら

多島美を誇る瀬戸内海を臨む香川県では、「県民みんな」で「人と自然が共生する持続可能な豊かな海」である里海の実現をめざし、「かがわ里海大学」の開校などの幅広い活動を展開しています。
「海と日本プロジェクト」は、香川県が進める里海づくりにつながるものであり、このプロジェクトを通じて、将来を担う子どもたちをはじめ、多くの方々が海への関心を持って行動を起こす、大きなムーブメントになることを期待しています。

愛媛県知事
中村時広
ホームページはこちら

愛媛県は世界に誇れる造船・海運業や全国有数の生産額を誇る海面養殖業が発達するなど海から多くの恩恵を受けながら海に親しみ海とともに発展してきました。
愛媛県では水産業を振興するとともに海と海を取り巻く山や森、里や川の環境保全に積極的に取り組んでいます。この海と日本プロジェクトを契機として海や海辺をフィールドとした様々な活動が進展するとともに、海に関わる皆さんのネットワークが一層広がることを期待しています。

高知県知事
尾﨑正直
ホームページはこちら

本県は、東西に700kmあまりの海岸線を有し、沖を流れる黒潮から多くの恵みをうけ、漁業や漁村文化、食文化が発達するなど古くから海と深い関わりをもってきました。
現在も、本県の海は、カツオなどの新鮮でおいしい水産物の供給のみならず磯釣りやダイビングなどの海洋性レクリエーションの場としても、すばらしい価値を有しております。
将来にわたりこの豊かな海の恵みを享受して生活できるよう「海と日本プロジェクト」の取組が素晴らしいものとなりますことをお祈り申し上げます。

福岡県知事
小川洋
ホームページはこちら

福岡県は、筑前海、有明海、豊前海の3つの特色ある海に囲まれ、多くの県民の皆さまが海に親しみを持ち、海からたくさんの恵みがもたらされています。さらに、本県は大陸に近く、海を越えて、古くからアジアとの交易や文化の交流が盛んに行われてきました。
海は色々な恵みをもたらしてくれる身近な存在であり、本県の発展にとってなくてはならないものです。この豊かな海を次の世代へ引き継いでいくことができるよう、「海と日本プロジェクト」を応援いたします。

佐賀県知事
山口祥義
ホームページはこちら

佐賀県の海の魅力は、有明海と玄海という全く異なる2つの海を持つことです。先祖代々守り継がれてきた「宝の海」を子孫に譲り渡していく為に、いま我々はどうすればいいのかと考える時期を迎えています。日本は海の国です。ずっと海と共に大切な命を育んできました。我々一人一人が海を大切にしていくことで、これからも輝かしい海が続くことと思います。子供の頃の海に対する気持ちを忘れずに「宝の海」を守っていきましょう。

長崎県知事
中村法道
ホームページはこちら

長崎県は、長くて美しい海岸線や多くの島々、そして四季折々の美味しい魚介類に恵まれ、水揚量全国第2位を誇る水産業や造船業などが発達してきました。また古くから海外との交流拠点として繁栄してきた歴史もあり、全国的に見ても海との関わりが特に深い県です。
「海と日本プロジェクト」を通じて、多くの皆様が長崎県の海に親しんでいただくとともに、改めて海の楽しさや大切さへの認識を深め、この豊かで美しい海を未来の世代に残していく取組が更に広がるよう、ご期待申し上げます。

熊本県知事
蒲島郁夫
ホームページはこちら

今回の熊本地震では「熊本城」と「阿蘇」が大きな被害を受けました。今年は天草五橋開通50周年等の記念の年でもあり、地震の被害が小さかった海側の地域が熊本全体の復興を牽引していくという意味で、「海と日本プロジェクト」に期待しています。
熊本には、透明度の高い海水浴場や海を舞台にしたイベントも多数あります。多くの方々に熊本の海を、夏を満喫していただきたいと思います。皆様のお越しをお待ちしています。

大分県知事
広瀬勝貞
ホームページはこちら

大分県には、遠浅の海岸やリアス式海岸といった変化に富んだ海があり、その美しい景観は瀬戸内海国立公園や日豊海岸国定公園の一端を担っています。そこには魚や貝を始めとする多種多様な生き物が生息・生育し、私達の暮らしに大きな恵みを与えてくれています。今回の「海と日本PROJECT」を通じて、みなさんに海というものをもっともっと楽しんでいただき、きれいな海を守り育てていくために行動するきっかけにしていただくとともに、海の向こうに広がる遙かな世界のことについて考えていただく機会にもなることを期待しています。

宮崎県知事
河野俊嗣
ホームページはこちら

太平洋の大海原に面する宮崎県は、太古より海からの恵みを受けてきました。
豊かな海産物、海岸線の美しい景色、海にまつわる神話、マリンレジャーの楽しさ、世界から来航するクルーズ船。
恵みの海を守るため、海岸の美化や、豊かな漁場と密接に関わる森林づくりに取り組んでいく必要があります。
「海と日本プロジェクト」を通じて、海の魅力を感じ、未来に引き継ぐ大切さについて理解を深め、海とのつながりを深めていきましょう。

鹿児島県知事
三反園訓
ホームページはこちら

鹿児島県は太平洋と東シナ海に面し、薩摩・大隅両半島の間には錦江湾を抱くとともに、多くの離島を有する海に恵まれた県です。
鹿児島の海では、黒潮の恵みを受けた多様な漁業や、湾や入り江を生かした養殖漁業が営まれています。また、豊かな海は、多くの釣り客を集め、マリンレジャーも盛んです。
「海と日本プロジェクト」の取組により、多くの方々が海への好奇心を持ち、鹿児島の豊かな海を未来へ引き継ぐアクションを起こすきっかけとなることを期待しています。

沖縄県知事
翁長雄志
ホームページはこちら

島しょ県である沖縄の海は、島ごとに違った海の色が広がり、多種多様な魅力で、毎年多くの観光客の方に楽しんで頂いております。
県では、貴重な観光資源である沖縄の海を守るため、エコツーリズム等の自然体験型観光を推進するなど、自然環境の持続的な利活用に取り組んでいます。
今回の「海と日本PROJECT in 沖縄県」を通して、海の素晴らしさを再認識し、県民の皆さまと一緒に、次世代に引き継いでいけるよう努めてまいります。

PAGE TOP

PAGE TOP