全国の市区町村長からのメッセージ:著名人応援団

日本財団「海と日本PROJECT」に賛同・応援いただいている著名人のみなさまからのメッセージを紹介しています。
著名人からの映像メッセージ

  • 山﨑結子
    青森県外ヶ浜町長
    山﨑結子
  • 目を瞑り、そっと胸に手をあて、子供の頃に感じた「海」を思い出してみてください。どんな海が心に広がっていますか。みんなと楽しく泳いだ海、たくさんお魚を釣った海など、楽しい思い出がたくさんつまった海が、今もなお、心の中で生き続けているのではないでしょうか。
    今を生きる私達は、子供達に笑顔を咲かせてくれる素敵な海を、次世代へ引継ぐ使命があります。このプロジェクトを通じて身近な海をみつめ直していきましょう。

  • 小野寺晃彦
    青森県青森市長
    小野寺晃彦
  • 青森市民の海『陸奥湾』。日本一の火祭り、ねぶたの浮かぶ海。ホタテやナマコなど豊かな海産物を育くむ海。道南函館とのフェリーや、世界各国とのクルーズ船で交流を結ぶ海。青森市の母なる海『陸奥湾』を、沿岸市町村とスクラムを組んで守っていきます。

  • 宮下宗一郎
    青森県むつ市長
    宮下宗一郎
  • むつ市にとって海とはすべてのはじまりです。周りを海に囲まれ、海から北前船や海軍の歴史・文化が伝わり、豊かな生態系と美味しい魚介類を育み、人々の営みを支えている存在です。
    海に囲まれたむつ市だからこそ、発信できる海の魅力がある。
    この海を未来の世代につなげていくために、私たちも「海と日本プロジェクト」と共に活動していきます。

  • 船橋茂久
    青森県平内町長
    船橋茂久
  • 平内町の漁家はほとんどがホタテガイの養殖を営み、青森県全体のホタテガイの生産の約半分を占めています。平成28年は数量、金額ともに過去最高の水揚げを記録し、日本一となりました。当町のある陸奥湾は八甲田山系の山々からのミネラル豊富な伏流水が流れ込み、ホタテガイやナマコなど多くの「海の幸」を育んでいます。この豊かな海を守るためにも「植林活動」、「海岸清掃」、「子どもの養殖体験」などの事業を継続するとともに、「海と日本プロジェクト」に賛同し、共に活動してまいります。

  • 小田祐士
    岩手県野田村長
    小田祐士
  • 野田村の漁業は、定置網と養殖が主流で、中でもプランクトン豊富な外海で養殖している荒海ホタテ・荒海ワカメは味と品質が高く評価されています。
    海は今でも変わらず、魚介類・海藻・塩・癒し・ミネラル豊富な潮風など多くの恵みを与え続けてくれています。
    海に親しみ、海の恵みを楽しみながら、魅力ある海と共に野田村の漁業を後世に引き継いでいけるよう努めてまいります。

  • 穂積志
    秋田県秋田市長
    穂積志
  • 秋田市は、北前船の寄港地として、全国10市町とともに文化庁の日本遺産に認定されております。流通の大動脈としての日本海の可能性に着目した商人、船乗りの海へのチャレンジが、経済を発展させ豊かな文化を育みました。本市では、認定を契機に寄港地間の連携による地域振興に取り組んでいくこととしています。海は、新たな世界への窓口です。子ども達が、「海と日本プロジェクト」を通じ、海に学び交流を深め未来を創造する力を育まれることを期待します。 

  • 穂積志
    秋田県能代市長
    齊藤滋宣
  • 能代市は、北前船がこの地から木材や銅を西廻り航路で運ぶ海運の要所で、古くから海の恵みに支えられていました。現在も海風を利用した風力発電の適地として注目され、海の恩恵を受けています。世界自然遺産白神山地と、それに連なる山々、豊かな流れの米代川、今に受け継がれる風の松原、夕陽を鮮やかに映し出す日本海など、この能代の宝物を次世代に引き継いでいけるよう「海と日本プロジェクト」と共に努めたいと考えております。

  • 佐藤孝弘
    山形県山形市長
    佐藤孝弘
  • 山形市は内陸部にありますが、江戸時代初頭、山形城主最上義光が最上川舟運を開発した当時から、日本海を通じて京都や大阪と交易し、紅花をはじめ様々な物資のみならず、文化においても活発な交流が行われていました。山形市では、海へと注ぐきれいな川を守るため、毎年多くの市民により河川の一斉清掃を行うなど、環境保全に取り組んでいます。海の恵みに感謝し、きれいな海と豊かな自然を次の世代に引き継ぐために、「海と日本プロジェクト」を応援いたします。

  • 田宮栄佐美
    山形県河北町長
    田宮栄佐美
  • 河北町は、かつて「最上紅花」集散地として繁栄を極めました。「紅花」は最上川をくだり、酒田から敦賀まで北前船で、あとは陸送や水運で京都まで運ばれました。帰り荷には雛人形や紅染衣装など上方文化がもたらされました。町には海がありませんが、こうした北前船がもたらした文化、伝統が今もなお受け継がれています。さらに未来に向けて、豊かさを生み出す海をみんなで守り、未来へ引き継いでいきましょう。

  • 時田博機
    山形県遊佐町長
    時田博機
  • 遊佐町は日本海から鳥海山まで文字通り海から山まで楽しむことが出来る町です。シーズンを迎える夏には多くの海水浴客、登山客で賑わいます。また、昨年はこの鳥海エリアが「鳥海山・飛島ジオパーク」として日本ジオパークに登録され、豊かな自然、地質学的魅力が大変注目されております。このプロジェクトを通して改めて海や自然の大切さに気づくきっかけとなり、後世へと引き継いでいく活動がさらに広がることを願っています。

  • 桜井勝延
    福島県南相馬市長
    桜井勝延
  • 南相馬市には様々な種類の水産物が水揚げされる真野川漁港やサーフィンの世界大会も開催された北泉海岸などがあり、海は産業振興や観光振興の面で貴重な資源となっております。東日本大震災による津波により沿岸部は大きな被害を受けましたが、復旧・復興を進めています。真野川漁港では水揚げも始まり、北泉海岸でもサーフィンを行う姿を見ることができるようになりました。今後も海との共存を図り、その魅力を発信して参ります。

  • 加藤憲郎
    福島県新地町長
    加藤憲郎
  • 新地町は豊かな海の恵みにより生活を営んできております。東日本大震災前の釣師浜漁港では多種多様な魚の水揚げで活気を帯びていました。また、釣師浜海水浴場は年間4万人もの家族連れ、海釣り公園は県内外の釣り客で賑わっておりました。町の現状としては、漁業施設の復旧は概ね完了ですが、漁業や海水浴場への安心安全確保と風評被害払拭にはまだまだ時間を要するものと思います。今後の復興の姿を見守って頂きたいと思います。

  • 泉谷満寿裕
    石川県珠洲市長
    泉谷満寿裕
  • 珠洲市は、日本列島のほぼ中央、日本海に突き出た能登半島の先端に位置しています。三方を美しい海に囲まれ、豊かな「食」に恵まれています。
    「揚げ浜式塩田」は、500年以上にわたって受け継がれてきた本市を代表する伝統文化であり、里山里海の保全にもつながっています。
    このように貴重な財産である私たちの大切な海を守るため、漂着ゴミの問題を世界に向けて発信するとともに、次世代を担う子ども達にもっと海に親しんでいただけるよう取り組んでいきたいと思います。

  • 渕上隆信
    福井県敦賀市長
    渕上隆信
  • 古くから海陸交通の要地として栄えた港町敦賀は海と共に歴史を歩んできました。また、日本三大松原のひとつである名勝「気比の松原」や北陸のハワイと呼ばれる「水島」では、毎年海水浴シーズン前に官民共同で清掃活動に取り組み、海の環境と景観の保全に努めております。
    「海と日本プロジェクト」をきっかけに、敦賀をはじめ福井の美しい海が未来を担う子どもたちに引き継がれることを期待しております。

  • 坂本憲男
    福井県坂井市長
    坂本憲男
  • 坂井市は福井県の北部に位置し、西は日本海に面しています。坂井市の海岸線は「越前加賀海岸国定公園」に属するとともに、国の天然記念物である東尋坊を有するなど、雄大な自然に恵まれています。また、北前船交易で栄華を極めた三国港では、「越前がに」をはじめ、数多くの海の幸が水揚げされています。この豊かな海が、「海と日本プロジェクト」の取組を通じて、未来へ、そして次代を担う子どもたちへ引き継がれていくことを期待しています。

  • 岩倉光弘
    福井県南越前町長
    岩倉光弘
  • 南越前町は西に日本海を望み、古くから海と密接な関わりを持ってきました。中でも特筆すべきは、日本海の海運を担った北前船主を輩出したことと、我が身を顧みずに厳冬の海に遭難した人たちを救助した人たちの活躍です。
    南越前町では、これらの輝かしい先人の行いを顕彰し、豊かな山・海・里を次世代に継承する取り組みを進めています。
    「海と日本プロジェクト」により、豊かな海と素晴らしい歴史が未来に受け継がれていくことを期待します。

  • 内藤俊三
    福井県越前町長
    内藤俊三
  • 越前町は、日本海に面しており、漁獲高福井県内一の漁業基地です。「越前がに」は全国的にも知名度が高く、近年では一定の基準をクリアした最高級ブランド「極(きわみ)」も登場し、注目を集めています。また、透明度が高く変化に富んだ地形の越前の海は、絶好のダイビングスポットであり、多くのダイバーが訪れます。このように我々に豊かな恵みを与えてくれる越前の海を「海と日本プロジェクト」への参加・協力により、未来へ継承して参りたいと思います。

  • 野瀬 豊
    福井県高浜町長
    野瀬豊
  • 福井県高浜町には8つの美しい海水浴場が広がり、その中にビーチやマリーナの国際環境認証ブルーフラッグを取得した若狭和田ビーチがあります。こうした背景には、海を大切に守りたいという地域の人々の想いが大きくあり、美しい海を子や孫の世代に残していきたいという願いが地域の人々だけでなく訪れる多くの人たちにも受け継がれています。
    「海と日本プロジェクト」での様々な取組みにより、四季折々に魅せる高浜の海の魅力を多くの方々に知っていただくきっかけになれば幸いです。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

  • 内藤久夫
    山梨県韮崎市長
    内藤久夫
  • 韮崎市は、かつて富士川舟運の集積地として栄え、交易の中心を担うなど、暮らしと海が繋がりあう歴史を有してきました。また、現在も南アルプスユネスコエコパークを構成する鳳凰三山や茅ヶ岳等からの湧水は、釜無川や塩川の清流となって富士川へと合流し、太平洋へと注がれていくなど、本市の豊かな自然が育む水が海を潤い続けています。この「海と日本プロジェクト」を契機に、環境保全の機運がさらに高められ、豊かな海が次世代へと引き継がれていくことを期待します。

  • 渡辺英子
    山梨県北杜市長
    渡辺英子
  • まさに山紫水明の地である北杜市は、豊かな自然環境に恵まれています。美しい山々は、清らかな水環境を生み出し、清らかな水は、人々に数々の恩恵を与え、海へと流れていきます。市では「世界に誇る「水の山」宣言」を行い、水の価値と魅力を伝えつづけること、水資源を人類の重要な財産として守り続けることを宣言しました。このことは、海と日本プロジェクトにもつながっていくものと思っています。
    世界に誇る水の山を、そして海を私たちの子や孫の世代に引き継いでいけるよう、ともに力を合わせて取り組んでまいります。

  • 保坂武
    山梨県甲斐市長
    保坂武
  • 甲斐市は甲府盆地の中西部に位置し、市の南部は住宅地や農地が混在する平坦な市街化地域、北部は緑豊かな自然景観を有する中山間地域が広がり、都会と田舎が混在する住環境に恵まれたまちとなっています。
    市の西部には武田信玄が築いたとされる信玄堤を有する釜無川が流れています。この釜無川(富士川)は、静岡県富士市で太平洋に流れ込んでいます。かつて水運として甲斐の国と海とをつなぐ重要な役割を果たしてきた釜無川の環境保全に、市民のみなさんと一緒に取り組んでいきたいと考えます。

  • 佐野和広
    山梨県南部町長
    佐野和広
  • 南部町は、山梨県の最南端に位置し、静岡県に隣接した県境の町です。町のキャッチフレーズを「水と緑が溢れるふれあい豊かな町」と制定し、周囲は緑豊かな山々が連なり、その山あいに源を発した清流は、町の中央を南北に貫流する日本三大急流の一つ富士川へ合流し、太平洋へと注がれています。南部町では、これからも町民一体となり自然の保全に努め、広大な海を未来へ引き継いでいけるよう取り組んでまいります。

  • 志村学
    山梨県富士川町長
    志村学
  • 富士川町は、町内を流れる富士川によって太平洋と結ばれ、かつては、富士川舟運による内陸交通の要衝の地として大きく発展してきました。町では、海とつながる河川や森林を守っていくことが、本プロジェクトの主旨に相通じるものと思っております。
    海なし県の町として、海への憧れは大きく、海のある町との交流・連携を図る中で、自然豊かな山・森・川を守る輪が、海へと広がることを願い、次代に引き継いでいけるよう努めてまいります。

  • 前葉泰幸
    三重県津市長
    前葉泰幸
  • 津の海は、南北約20㎞にわたって続く海岸線が特徴であり、様々な魅力が詰まっています。
    なりわいとして3つの漁港があり、水産業が盛んです。賑わいとして潮干狩り、たて干し、海水浴をはじめ、とりわけ御殿場海岸で行われる花火大会・ビーチバレー大会には、多くのお客様が訪れます。また、ボートレース津、津ヨットハーバーもあり、多彩な賑わいを創出しています。
    このプロジェクトが多くの皆様にとりまして、海を知り、体験していただく契機となりますことを心より願っております。

  • 小林嘉文
    岡山県笠岡市長
    小林嘉文
  • 笠岡市は,岡山県の西南部に位置し,瀬戸内海には,個性豊かな7つの有人島を有します。笠岡諸島の島々には,国の文化財である盆踊りが伝承される島・良質の花崗岩を産出する石の島などがあり,笠岡市にとってかけがえのない資源です。
    海・島と結びつきの強い笠岡市だからこそ,「海と日本プロジェクト」の活動により,これからも海の恵みに感謝し,海を大切にしてくれる方が増えてくださることを願っています。

  • 田原隆雄
    岡山県備前市長
    田原隆雄
  • 当地域では、海のゆりかごと呼ばれ健全な沿岸環境の維持に欠かせない“アマモ場”の再生活動を柱とした『里海づくり』を推進しています。
    海の守人である漁師さんをはじめ、一般消費者の方や地元中学生、全国からの高校生、大学生など様々な世代や職種の方々と共に活動を行っています。
    このプロジェクトにより、次の世代にこの豊かな資源(自然)を引き継ぐべく、全国各地でこのような取り組みが展開されることを期待します。

  • 栗山康彦
    岡山県浅口市長
    栗山康彦
  • 浅口市は、瀬戸内海の美しい風景や、牡蠣をはじめとする豊かな海産物など、様々な海の恩恵を享受してきました。
    我々は、この「海」という財産を守り、後世に伝えていく責務があります。
    「海と日本プロジェクト」で実施される様々な活動を通じて、綺麗な海・豊かな海の保全が推進されますとともに、日本中のより多くの皆さんに海の魅力を感じ、味わっていただけるよう、浅口市もこのプロジェクトを応援してまいります。

  • 松井一實
    広島県広島市長
    松井一實
  • 山に登って広島の海を眺めてみてください。さざ波が立っている海に、島が美しく配置されており、箱庭のごとく綺麗です。海と日本プロジェクトをきっかけに、地域の皆さんが愛着を持ってこの素晴らしい海を愛で、ゴミを捨てないようにするなど、きれいな環境が長く維持される良循環が生まれ、豊かな海が次世代を担う子どもたちに引き継がれていくことを期待しています。

  • 明岳周作
    広島県江田島市長
    明岳周作
  • 江田島は瀬戸内の穏かな海に浮かぶ、豊かな自然と個性的な伝統・文化、美味い産品、あたたかい人で溢れる「恵み多き島」です。豊かな海辺の自然を教育資源とした「大柿自然環境体験学習交流館(さとうみ科学館)」では、幼少期から、海と自然を守り育むという特色のある教育に取り組んでいます。「海と日本プロジェクト」を通じて、海とともにある江田島の魅力、本市の取組を多くの方々に知っていただくことで、豊かな海を将来に繋げていくきっかけとなることを期待しています。

  • 前田晋太郎
    山口県下関市長
    前田晋太郎
  • 下関市は、関門海峡、周防灘、響灘と三方が海に開かれ、自然と文化が調和する「海峡と歴史のまち」です。本市を代表する味覚の「ふく」をはじめ、雲丹や鯨、アンコウ等、様々な海の幸に恵まれています。また、国際拠点港湾に指定されている下関港は、アジアに近い地理的優位性を活かし、人や物の交流のゲートウェイとして重要な役割を果たしています。
    このプロジェクトを通して、本市の魅力や大切さを多くの皆様に知っていただきたいと思います。
  • 藤道健二
    山口県萩市長
    藤道健二
  • 萩の海といえば「快水浴場百選」に選ばれ、美しい夕景も楽しめる菊ヶ浜、須佐湾や須佐ホルンフェルスをはじめとする景勝地などのみどころが満載です。また、萩のブランド魚である、瀬つきあじ、けんさきいか、真ふぐ、あまだいなど、年間を通して新鮮で美味しい旬の地魚を食べることができる好漁場でもあります。この美しく、豊かな萩の海を次の世代に引き継いでいくため、このプロジェクトを通して活動の輪が、さらに広がることを期待します。
  • 松浦正人
    山口県防府市長
    松浦正人
  • かつて「三田尻」と呼ばれた防府の港は、萩城から江戸への参勤交代の御成道である「萩往還」の海の玄関口であり、歴史の上で重要な役割を果たしてきました。現在も、自動車の輸出をはじめとした産業振興の拠点として、また、「道の駅潮彩市場防府」での、瀬戸内の新鮮な海の幸を通じた交流人口の拡大など、私たちは、豊かな海から多くの恵みをいただいております。
    このプロジェクトを通じて、「ふるさとの海」を愛し、守り、次の世代に引き継いでいくためのアクションの輪が広がることを期待しています。
  • 国井益雄
    山口県下松市長
    国井益雄
  • 我が下松市(くだまつし)には、風光明媚な笠戸島があり、ここから見える夕映えは日本一であると自負しております。笠戸島には海水浴場もあり、毎年イカダレースも行われています。昨年リニューアルした国民宿舎 大城(おおじょう)は、全室オーシャンビューとなっており、本市特産品の笠戸ひらめもご堪能いただけます。また、港湾施設は「国際バルク戦略港湾」の指定を受け、海を通じて世界へと繋がっており、このプロジェクトで世界へ発信できることを期待します。

  • 市川熙
    山口県光市長
    市川熙
  • 光市には、「日本の渚・百選」「快水浴場百選」をはじめとして、数多くの選定を受けている、室積・虹ケ浜の2つの海岸があります。白砂青松の美しい海岸が続き、砂の粒が細かな遠浅のビーチは、透明度も高いため、西日本屈指の海水浴場となっており、光市民のみならず、県内外問わず、多くの方に訪れていただいております。
    光市にとっても、多くの恵みをもたらしてくれるかけがえのない海を、このプロジェクトを通じ、より多くの人々に知っていただけることを強く期待しております。
  • 大西倉雄
    山口県長門市長
    大西倉雄
  • 本州の最西北端に位置する長門市。市の北側には美しい日本海の風景が広がり、訪れた人の心を魅了します。澄みきった海は絶好のダイビングスポットでもあり、仙崎イカをはじめとする新鮮な海の幸にも恵まれています。
    長門市では大切な財産であるこの海を次世代に引き継ぐため、毎年「海岸清掃の日」を定め、市民総参加で海岸の清掃を行っているところです。このプロジェクトを通じて、海を想う心の輪がさらに広がっていくことを期待します。

  • 木村健一郎
    山口県周南市長
    木村健一郎
  • 穏やかな瀬戸内海は、市民の憩いの場として愛され、「徳山ふぐ」「周防はも」「周南たこ」等の新鮮な海の幸にも恵まれるなど、周南市に様々な恩恵をもたらしてきました。また、天然の良港、徳山湾は、交通の要衝として発展し、沿岸部には周南コンビナートの工場群が広がり、「周南工場夜景」を観光資源として、新たな魅力を発信しています。こうした海とともに発展してきた周南市は、海を守り未来へ引き継ぐ「海と日本プロジェクト」に賛同し、共に活動してまいります。

  • 藤田剛二
    山口県山陽小野田市長
    藤田剛二
  • 穏やかな周防灘と、そこに注ぎ込む川。
    豊かな漁場や優れた交通の便など、海のもたらす様々な恩恵によって山陽小野田市は発展を遂げてきました。また、下関市へと長く続く海岸線から眺める夕陽は、関門海峡と相まって、見る人の心を捉えます。
    この「海と日本プロジェクト」を通して、山陽小野田市の取組を知っていただき、豊かな海を守っていく機運がもっと高まっていくことを願っています。

  • 泉理彦
    徳島県鳴門市長
    泉理彦
  • 鳴門市は、北に播磨灘、東に紀伊水道をのぞみ、鳴門海峡の急流と逆巻く渦潮は全国的にも有名です。また、鳴門の海で獲れた海産物はどれも一級品ですが、鳴門海峡の激しい潮流にもまれて育った「鳴門鯛」「鳴門わかめ」は本市が誇るブランド産品です。
    近年では、鳴門海峡の渦潮の世界遺産登録を目指して、官民一体となって取り組んでおり、その素晴らしさを世界に発信するとともに、地域が一丸となって次世代に引き継いでいきたいと考えています。
  • 濱田保徳
    徳島県小松島市長
    濱田保徳
  • 小松島市は紀伊水道に面した豊かな漁場を有し、鱧や太刀魚をはじめ、毎年多くの魚介類を水揚げしています。
    また、港まつりや海鮮朝市などは海の恩恵を享受した本市の一大イベントであり、市内外より多くの皆様が訪れ、賑わいを見せています。
    「海と日本プロジェクト」の取組みにより、この豊かな小松島の海を未来へしっかり引き継いでいけるよう、努めてまいります。
  • 大西秀人
    香川県高松市長
    大西秀人
  • 高松市は、「世界の宝石」とも称賛された、多島美を誇る波静かな瀬戸内海に面し、これまで、人々の暮らしや経済・文化など様々な面において、瀬戸内海との深いかかわりの中で発展を続けてきた、海に開かれた都市です。
    この瀬戸内海が、今後も変わりなくあり続け、そして多くの方々から愛されるよう、本市としても、県と共に、環境の保全や活用に努めてまいります。
    豊かで美しい海を、次世代につなげていく「海と日本プロジェクト」を心から応援いたします。
  • 綾宏
    香川県坂出市長
    綾宏
  • 坂出市は、海そして港と共に歴史を築き、栄えてきたまちです。古くは海水を用いた日本有数の塩の産地となり、その輸送を通して港湾都市としての礎を築きました。今は重要港湾である坂出港と埋立地に立つ臨海工業団地、その上に架かる瀬戸大橋により、四国の流通拠点として重役を担っています。
    一方、時は流れても五つの島それぞれに受け継がれる文化や生業を支える豊富な海の恵みは、訪れる人をも魅了し続けています。
    我々は「海と日本プロジェクト」に賛同し、共に歩んできた海を守り育む活動を市民と共に続けてまいります。
  • 宮脇馨
    愛媛県上島町長
    宮脇馨
  • 上島町の魅力は、自然環境としての海に囲まれた豊かさです。
    ここでの暮らしの全ては潮の流れのリズムです。この大きな時間の流れが豊かさを生み出す源となっています。
    山が荒れると海も荒れる瀬戸内海で生きる私達には島と海の共生が大切です。
    理想の海は、いろんな生き物がいっぱいいる海。そこで私達も一緒に生きていくことです。上島町の島々で、みんなが人生を楽しめる空間にする事が私の夢です。

  • 宮脇馨
    熊本県熊本市長
    大西一史
  • 熊本市は、九州の中央に位置し、東に阿蘇、西に有明海を望み、水と緑の豊かな都市です。その有明海では、広大な干潟でのアサリ、ハマグリをはじめ、有明海の水産業を代表するノリ養殖業などが営まれており、多くの恵みがもたらされています。この海の恩恵に感謝するとともに、海の環境が守られ、今ある豊かな暮らしと環境を将来にわたり引き継いでいけるよう、「海と日本プロジェクト」を応援してまいります。

  • 宮脇馨
    熊本県水俣市長
    西田弘志
  • 水俣市は、源泉から河口までが1つの域内で完結している日本でも珍しい地域です。そして、その川は不知火海へと続いています。水俣の海は皆さまご存知の「水俣病」という大きな混乱を起した舞台でもあります。ですが、現在「再生した海」として水俣の海の中では、藻場の再生やそこに集まる魚たち、特にタツノオトシゴは産卵や育児という珍しいシーンに立ち会うことがきる貴重なスポットが増えてきました。「海と日本PROJET in くまもと」では、海でつながる関係者の皆さまと熊本をPRしてまいります。

  • 宮脇馨
    熊本県上天草市長
    堀江隆臣
  • 上天草市は、熊本県の南西部に位置し、有明海、八代海に囲まれ、海と山が織りなす景色や豊富な魚介類等を目当てに多くの観光客が訪れるなど、阿蘇と並ぶ熊本を代表する観光地として知られています。私の趣味はスキューバダイビングですが、最近、水面を漂流する人工ゴミや海水温上昇によるサンゴの白化現象を目の当たりにすることもあり、変わりゆく海の姿を大変心配しています。これからも世界中で海の恩恵を受け続けられる環境を維持するためにも海と日本プロジェクトの活動を応援します!

  • 宮脇馨
    熊本県津奈木町長
    山田豊隆
  • 熊本県南部に位置する津奈木町。東南北の三方はなだらかな山々に囲まれており、西側には九州の地中海と形容される穏やかで美しい不知火海が広がっています。海に面した本町では、これまで海を中心として様々な文化や交流が生まれてきました。本年10月7日から12月5日までは、海の上に建つ旧・赤崎小学校を舞台とした展覧会「ホテル裸島リゾートオブメモリー」を開催いたします。是非みなさんにも“海に開かれた地域”での文化・交流活動を体感していただければと思います。

  • 宮脇馨
    鹿児島県十島村長
    肥後正司
  • トカラ列島(十島村)は、屋久島と奄美大島の間に連なる火山とサンゴ礁の12の島々です。東シナ海を北上してきた黒潮が北東に大きく向きを変え太平洋へと流れ込む海域です。古来から人々の往来がみられ、「道の島」の一端を担ってきました。この夏、この海域で黒潮を使った世界初の海流発電の実証実験が行われます。海との新しい関わりの始まりです。今を支え、未来を拓く海を残すため「海と日本プロジェクト」を応援します。

日本財団

著名人応援団のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。