海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

「海学び舎」あらかると啓発事業 「海・船のお話会と海の環境学習や体験型見学会」

2016.07.07

イベント概要

海洋国日本の国づくりや街おこしを担う次世代の小学生の皆さんに、海の大切さと海の魅力を知ってもらうことにより、海の恩恵に感謝し、併せて広く海洋についての理解と関心を深めてもらいます。
大阪港を拠点として、大阪港を含めた海洋生物の生態系、絶滅品種などの学習を通して海洋環境の大切さを学びます。
また、普段見ることができない旅客船船内の見学、船員さんの仕事の役割や重要性などを学習することと併せ、海から見る、いつもとは違う目線から大阪港や沿岸の街並みなどを体感することにより、広く海に関する知識の醸成を図ります。

内容

費用:無料

参加資格:大阪市港区の小学校5年生、6年生(校外学習)

1)大阪港内クルーズ 

1.旅客船舶「サンタマリア」(566G/T、定員791人、大阪水上バス(株))

2.概要

・大阪港内クルーズ

・船内探検:船内経路に関所を設け、海に関するクイズを解きゴールを目指す。

2)海洋学習

・会場 天保山船客ターミナル会議室

・テーマ 海の大切さと船員の仕事(仮)

・講師 近畿内航船員対策協議会会長 上窪良和 氏

3)環境学習の実施

・会場 海遊館ホール

・内容 大阪湾の生物について

・講師 海遊館飼育展示部普及交流チーム副参事 北藤真人 氏

4)海の生物観察

・海遊館の見学を通じ、海の生物と触れ合ったり観察する

日程

7月7日(木)8:30~15:30

団体名

主催:
「海学び舎」あらかると啓発事業実行委員会
事務局:公益財団法人 関西交通経済研究センター
構成メンバー:(公社)大阪港振興協会・(一社)神戸港振興協会・近畿旅客船協会・神戸旅客船協会・近畿内航船員対策協議会・大阪市港湾局・神戸市みなと総局・大阪市港区役所・(株)ラジオ関西・(公財)関西交通経済研究センター

後援:
大阪市教育委員会・神戸市教育委員会・南あわじ市教育委員会・近畿運輸局・ 神戸運輸監理部

場所

大阪港天保山岸壁及び大阪港内

事業サイト

http://www.kankouken.org/

お問い合わせ

公益財団法人 関西交通経済研究センター

担当:松野・勝山

TEL 06-6543-6291

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。