海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

奥能登の里海を実感しよう!「奥能登の海と恵みを学ぼう」を開催!

7月30日、九十九湾の磯の自然観察を皮切りに2泊3日の「奥能登の海と恵みを学ぼう!」を実施します。

2019.06.19

イベント概要

「海と日本プロジェクトin石川県実行委員会」は、奥能登の素晴らしい海の恵みを実感し学ぶイベントを開催します。7月30日、九十九湾の磯の自然観察を皮切りに2泊3日の「奥能登の海と恵みを学ぼう!」を実施します。漁業や食、海と暮らしのつながりを学び、2日目は珠洲市で揚浜式製塩法での伝統的塩作りを体験、能登の海岸に漂着する「モノ」を探ります。最終日は能登町・小木小学校のカリキュラム “里海科”の本物の授業も受けます。イベントは次世代へ奥能登の海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

全国で唯一実践されている小木小学校の海洋教育 “里海科”は5年目に入ります。“里海科”を学ぶ児童達は生き生きとして、学習意欲も成績も上がっているそうです。強い興味を持って故郷の里海を学ぶ──それが人格形成や海洋環境の保全にプラスに働くなら、県内の子ども達に是非体験して欲しいとの願いがあります。夏休みの3日間、将来を担う子ども達に、海を学ぶプログラムに参加して欲しいと考えています。

内容

奥能登の海と恵みを学ぼう!~海と日本プロジェクト
7月30日(火)から2泊3日で、国連の世界農業遺産に認定されている能登町と珠洲市で海と恵みを体験し、漁業と食文化、里海の暮らしや海への漂着物等について学びを深めます
<対象>
石川県の小学5・6年生 (定員20人/保護者同行できません)
<参加費>
無料
※事前申込が必要です
https://www.ishikawa-tv.com/event/2019uminomegumi/

日程

2019年7月30日(火)〜8月1日(木) ※2泊3日

団体名

海と日本プロジェクトin石川県実行委員会

場所

能登町〜珠洲市
※ラブロ恋路に2泊宿泊
※専用の観光バス (JR金沢駅から出発)あり

事業サイト

海のイベント【奥能登の海と恵を学ぼう!】開催

お問い合わせ

海と日本プロジェクトin石川県実行委員会(事務局:石川テレビ放送)
電話:076-267-2141(代表)
メールアドレス:ya-okuna@ishikawa-tv.co.jp

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。