海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

山梨名産あわびの煮貝を昔の製法でチャレンジ! 「静岡―山梨、歩いてサイコーな煮貝を作ろう パネル展」開催!

2017.10.25

イベント概要

全国各地の団体と協働し海へのムーブメントをつくり出す、日本財団「海と日本プロジェクト」inやまなし事務局(山梨放送内)は、YBSラジオで今年6月26日(月)~7月2日(日)に実施したイベント「静岡―山梨、歩いてサイコーな煮貝を作ろう」にて駿河湾から甲府まで歩いてあわびの煮貝を作った過程をパネルにし、10月26日(木)~11月1日(水)に富士の国やまなし館に展示します。
初日の10月26日(木)には実際に歩いて煮貝を作った甲斐市出身芸人の浅知恵太郎氏が、会場である富士の国やまなし館にて試食用の煮貝を来場者に振る舞います。

「静岡―山梨、歩いてサイコーな煮貝を作ろう」は山梨の名産「あわびの煮貝」を昔の製法で作るイベントで、日本財団「海と日本プロジェクト」inやまなし事務局の推進パートナーでもある山梨県の食品メーカー株式会社信玄食品とYBSラジオが共同で企画し、山梨放送の開局ウィークに合わせて実施しました。浅知恵太郎氏が清水港で新鮮なあわびを煮込んで醤油タレに漬け込み、徒歩で一週間かけて甲府市・北口よっちゃばれ広場まで運び、当日の開局イベントで披露しました。
今回の展示では、浅知恵太郎氏が山梨の先人たちの知恵と苦労を噛み締めた道中の写真を、パネルにして伝えていきます。

内容

「静岡-山梨、歩いてサイコーな煮貝をつくろう パネル展」開催概要
出演者
浅知恵太郎 氏(甲斐市出身)
(※10月26日(木)11:00~試食販売)

日程

2017年10月26日(木)~11月1日(水)11:00~19:30

場所

富士の国やまなし館  
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル1F

お問い合わせ

日本財団「海と日本プロジェクト」inやまなし事務局(山梨放送内)
電話:055-231-3266

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。