海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

願いをこめて 大洗サンビーチで年末大掃除! 「来年はもっといっぱいビーチで遊べますように」

CHANGE FOR THE BLUE いばらき実行委員会は、12月18日(土)、19日(日)、茨城県大洗町のサンビーチで今年最後のビーチクリーンを実施しました。

2022.01.11

CHANGE FOR THE BLUE いばらき実行委員会は、12月18日(土)、19日(日)、茨城県大洗町のサンビーチで今年最後のビーチクリーンを実施しました。両日ともにビーチクリーンの他にクラフト教室やCHANGE FOR THE BLUE いばらき実行委員会とコラボレーションした焼き芋の販売も行いました。

この活動は、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。

日程
2021年12月18日(土)・19日(日)14:00~
開催場所
大洗サンビーチ
参加人数
97名(
18日52名、19日45名)

イベント会場の海に感謝。海をきれいにする力は人の思いからしか生まれない

両日行われたビーチクリーンは、茨城県が主催する「NIGHT WAVE~海のイルミネーションin大洗」に先立ち実施されたもので、海岸でイベントを開催するうえで「ごみを出さない、ごみを持ち帰る、ごみを分別する」意識を伝えようと、夜のメインイベント前に開催されました。
事前応募には東京からの参加も含め40人の応募、2日間で100人近い参加があり、年末らしく大量のごみを回収しました。
栃木県からイルミネーションを見に来た20代のカップルは「事前にHPで情報を見ていたらビーチクリーンのことが紹介されていたので申し込みました」といい、40分あまりで燃えるごみ袋満タンにごみを集めていました。大洗サンビーチはサーファーをはじめ、地元や近隣からの来場者も多くごみの量は少なくはありません。この日も大小さまざまな大きさのプラスチックごみが多く見つかり、タイヤやロープ、農機具など不法投棄されたごみが回収されました。
参加者の多くは県内在住者でしたが夜のイベント目当てで埼玉、東京から来県した方も快く参加してくれました。海洋ごみの7~8割が街からでるごみであること、私たちの生活ごみが海で生きる生き物の生きる環境を悪くしている話をうなずきながら聞く人がいて、ごみを集め終わると「ごみなんて無いように見えるけど実際ごみを拾いだすといたるところにごみが落ちていますね。毎日の生活でできることから始めていきたいです」と話してくれました。
この日、初めてCHANGE FOR THE BLUE いばらき実行委員会の活動に触れる人もいて、今後も清掃活動や海洋環境について学ぶ場があれば積極的に参加したいと話す人もいました。

50年後も美しい海であるために。メッセージを発信

大洗町では今年、海開きをするもコロナ禍もあり以前のような賑わいはありませんでした。緊急事態宣言後のリアルイベントとして、大洗サンビーチという素晴らしいロケーションを活用したイベントには初日だけで2万人以上もの人が集まりました。
CHANGE FOR THE BLUE いばらき実行委員会では、美しい海を残すためのアクションを伝えるために、茨城県の特産品「焼き芋」を出展したり、大洗サンビーチで採れた貝殻を使ってのクラフト教室、海洋環境問題を伝える映像を使ってメッセージを届けまし
た。

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

 

参加人数:97人