海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

北海道530(ゴミゼロ)プロジェクト大作戦! 〜海と日本PROJECT〜

北海道沿岸都市と海のない札幌市に暮らす小学生が地元のごみ拾いを行い、太平洋・日本海・オホーツク海のごみ、川から海へ流れ出るごみの種類などを観察、調査しました。調査結果からゴミを減らす方法などを考え、後日、環境イベント「はこだてエコフェスタ」「環境広場さっぽろ」で展示・発表しました。

2019.09.10

北“海”道530プロジェクト大作戦!実行委員会

北海道沿岸都市と海のない札幌市に暮らす小学生がごみ拾いを行い、地元のごみを調査しました。各地のごみの違いやごみを減らす方法などを考え、後日環境イベントで展示・発表しました。

小学生が地元の海岸や公園などでのごみ拾いを通じて、太平洋・日本海・オホーツク海にどんなごみが流れ着くのか、川から海へ出ていくごみがどれだけあるのかを観察、調査してもらいました。後日環境イベントで展示・発表するため、各地のごみの違いやどうのようにごみを減らせるかなどを考えてもらいます。

日程、開催場所
【ごみ拾い・調査】
2019年
6月22日(土)09:30~11:30 海岸町海浜(網走市)
6月29日(土)10:00~11:30  塩谷海水浴場(小樽市)、13:30~15:00 北発寒公園(札幌市)
7月06日(土)10:00~12:00 道の駅しらぬか恋問(白糠町)
7月13日(土)13:30~15:00 湯川漁港(函館市)
【展示・発表】
2019年
7月27日(土)10:00~15:00 はこだてエコフェスタ(函館市)
8月12日(月・祝)~13日(火)10:00~17:00 環境広場さっぽろ(札幌市)

参加人数
網走市18人/小樽市48人/札幌市15人/白糠町23人/函館市13人/はこだて・エコフェスタ来場者:4,800人/環境広場さっぽろ2019 来場者:26,088人、ごみ回収イベント参加者:4,832人

主催
北“海”道530プロジェクト大作戦!実行委員会

海岸や公園のごみを拾って調査
道内沿岸部都市と札幌市に暮らす小学生が海岸や公園のごみ拾いをし、ごみの種類や量を調査・比較し、今後どうすればごみを減らせるかを考えました。
調査内容は、人工物のうち外国のものはあるか、自然物はどんな種類のものがあるか。そしてごみを調べて気づいたこと、どうすればごみが減るか、これからどんなことに気を付けたいかなどを考えました。

調査内容を「函館」「札幌」で展示、発表!
各地の調査内容を、北海道博物館の圓谷昂史さんの監修を受けて、函館・札幌で展示・発表しました。函館の「はこだてエコフェスタ」は、エコカーの展示やリサイクル品の活用など環境にやさしい取り組みを集めた、ファミリーで楽しめるイベント。札幌の「環境広場さっぽろ」は、環境技術や環境情報に直接触れたりスポーツ体験や職業体験などを通して、環境について楽しく学べる一大環境総合イベントです。
ブースでは、会場で発生したプラスチックごみと引き換えでガラポン抽選会も行いました。

参加者の声
【ごみ拾い・調査】
・みんなで協力して浜辺を綺麗にできて嬉しかった。
・プラスチックのごみが圧倒的に多かった。
・あまり公園でごみを見つけたり探したりすることがないから楽しかった。
・予想よりもごみがいっぱいあってびっくりした。
・海は綺麗にしなければならない。
・子供たちが前向きに取り組んでいたのがとても良かった。
・ものを大事に使う意識が芽生えてほしい。

【展示・発表】
・ごみを拾ってガラポンができて楽しかった。
・参加したごみ拾いイベントがきれいにパネルにまとめられていて嬉しかった。
・珍しい海外のごみが見れて良かった。

メディア掲出
【情報紙】
エコチル 9月号(北海道版)
【テレビ】
9月1日(日)6:15~6:30 「サンデーDokiっと!」内(北海道放送)

その他特記事項

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています