海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

2019 さばける塾 in 滋賀 〜海と日本PROJECT〜

各地の調理専門学校等の協力のもと、魚のさばき方教室を開催しました。魚をさばくことは命に触れ、海の恩恵に想いを馳せる行為。日本古来の技法で魚を“さばける”ことへの憧れや喜びを掘り起こし、多くの“さばける男子・さばける女子”の育成に努めました。

2020.01.31

滋賀県では、大阪ガス、大阪ガスクッキングスクールの協力のもと、さばける塾を開催しました。

⿂を“さばく”という⾏為を通し、命に触れ、海や⾃然への恩恵を感じる機会を創出します。同時に、地域の食材を使った調理、試食を通し、海洋資源の持続性の大切さ、環境問題、地域の漁業資源問題についても考えてもらう機会を提供するのが目的です。

日程
2019年10月27日(日)10:30~13:30

開催場所
大阪ガスクッキングスクール滋賀(大阪ガスディリパ草津内)

参加人数
18人

主催
海と日本プロジェクトin滋賀県実行委員会

協力
クリナップ北日本支社

出汁の飲み比べのあと、アジをさばいていただく

親子やご夫婦など、小学生から大人まで18名が参加してイベントがスタートしました。講師は大阪ガス、大阪ガスクッキングスクールの方々です。

イベントは、和食の基本である出汁の飲み比べからスタート。この日用意した出汁は、昆布とカツオ。この2つを合わせた、合わせ出汁もいただきました。参加者の皆さんは、出汁も海の幸からの恵みであることを感じていたようです。

いよいよ、魚をさばきます。さばく魚は、アジです。さばいたアジはフライにし、ほかに滋賀県琵琶湖産のアユとシジミを使って調理しました。地元産の食材を扱うことで、身近な自然である琵琶湖とその先につながる海との関わりも感じられたことでしょう。でき上がった料理は、みんなでおいしくいただきました。

調理メニュー
・アジフライ
・シジミと厚揚げの卵とじ
・アユ甘露煮の炊き込みご飯
・湯葉と三つ葉のすまし汁

最後は、参加者ひとり一人に「さばける認定証」を授与。豪華な認定書を受け取った皆さんは大変うれしそうにされていました。


参加者の声
・他の魚もさばいてみたいと思いました。
・楽しかったです。
・魚がこんなにおいしいなんて驚きました。
・スーパーで魚を買う時は、これまで切り身でしたが、今度は「まるごと」買ってさばいてみたいです。
・目の前でさばき方を教えてもらった後、1人1匹ずつ実際にさばけて良かったです。
・講師の方がとても親切で、説明が分かりやすかったです。
・食育も学べて良かったと思います。
・滋賀県産の食材を用いての調理も興味深かったです。
・これからも親子で参加できるイベントに参加したいと思います。

メディア掲出
11月5日 17:55~18:35 びわ湖放送 「キラりん滋賀」

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

参加人数:18人