経ヶ岬灯台が立地する京都府京丹後市を「恋する灯台のまち」と認定!

2018.10.01

一般社団法人日本ロマンチスト協会(本部:長崎県雲仙市愛野町)は、全国各地の団体と協働し、海へのムーブメントをつくりだす日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、灯台をロマンスの聖地として再価値化する「恋する灯台プロジェクト」を実施しています。活動の第一弾として、日本全国にある10エリア11基の灯台を「恋する灯台」として認定しました。

このたび、その「恋する灯台」が立地している京都府京丹後市の三崎政直市長を、日本ロマンチスト協会会長 波房克典が2018年10月11日(木)に表敬訪問し、「恋する灯台のまち」の認定証を贈呈する運びとなりました。

【京都府京丹後市「経ヶ岬灯台」認定理由】
京都府最北端、丹後半島の断崖に建つ重厚感ある灯台は、明治31年の初点灯時からある日本最大級の第一等フレネルレンズの美しさも特徴だ。展望台からは棚田や日本海にそそり立つ断崖絶壁が望め、その最果ての風景に心を奪われる。経ヶ岬には、岬に棲みついた悪龍を文殊菩薩が長い戦いの末に善竜に教化したという伝説がある。絶景と神話という、古都とは異なる顔を持つ「海の京都」は、恋する相手にも秘められた魅力があることを教えてくれるスポットだ。

【日時】
2018年10月11日(木)14:00~14:30
【会場】
京丹後市役所
【プログラム内容】
1.「恋する灯台のまち」認定証贈呈
2.フォトセッション
3.会談(三崎市長・日本ロマンチスト協会会長 波房克典)
4.囲み取材

恋する灯台ホームページ

お問い合わせ
「恋する灯台プロジェクト」運営事務局
メール:toudai@japan-romance.com

 

日本財団

経ヶ岬灯台が立地する京都府京丹後市を「恋する灯台のまち」と認定! のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。