海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

  • 海と日本PROJECT
  • お知らせ
  • 海と日本プロジェクト inとくしま オリジナルイベント 「とくしまのはも☆ひろめ隊が行く」を開催!

海と日本プロジェクト inとくしま オリジナルイベント 「とくしまのはも☆ひろめ隊が行く」を開催!

海と日本プロジェクトinとくしまでは、徳島の豊かな海そしてその海が育む徳島の名産品「ハモ」の魅力を探求すべく、8月に「とくしまのはも☆ひろめ隊が行く」を開催し、イベントを通じて学んだことをイラストや文にまとめてもらいました。そのイラスト・文が車体や中づり広告を飾る、「とくしまのはも☆ひろめ隊」オリジナルラッピングバスがついに完成!今回はイベントに参加してくださった児童のみなさんや、講師の方々をお招きし、そのお披露目会を開催します。

2020.09.25

海と日本プロジェクトinとくしまでは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環として、公募抽選で選ばれた県内の小学4年生~6年生18人を対象に、徳島の豊かな海そしてその海が育む徳島の名産品「ハモ」の魅力を探求すべく、8月1日(土)・2日(日)に「とくしまのはも☆ひろめ隊が行く」を開催いたしました。

8月のイベントでは、徳島県が誇る夏の味覚「ハモ」について、なぜ徳島が一大産地なのか?レジャーを含めた近海の実体験、そこで獲れるハモをはじめとする海産物の勉強に漁協への水揚げ見学、そしてハモ漁など漁船を守る海洋環境整備船の活動などを通じ、ハモが食卓に届くまでの道のりやそのおいしさを見て、聞いて、食べて学びました。イベントの最終プログラムにて、参加児童のみなさんに、イベントを通じて学んだことをイラストや文にまとめてもらいました。そのイラスト・文が車体や中づり広告を飾る、「とくしまのはも☆ひろめ隊」オリジナルラッピングバスがついに完成!今回はイベントに参加してくださった児童のみなさんや、講師の方々をお招きし、そのお披露目会を開催します。(ラッピングバスは徳島~阿南間を10月中走行する路線バスです)

このイベントは、県内の小学生に徳島の海と名産品のハモの魅力を知り、その豊かな資源を未来へ繋げる思いを育むことを目的としたイベントの最終プログラムです。

「とくしまのはも☆ひろめ隊が行く」ラッピングバスお披露目会
<開催日時>
2020年10月3日(土)10:00~12:00
<開催場所>
小松島みなと交流センター(小松島市小松島町新港19番地)
<プログラム>
8月に行われたDA1Y・DAY2のプログラムでは、小松海岸でのSUP体験やライフセーバー体験を通して徳島の海を体感し、小松島漁協内や骨切り工場の見学によってハモが食卓に運ばれてくるまでの道のりを学びました。両日のイベントの最終プログラムで子どもたちが学びをまとめたイラストや文が飾るオリジナルラッピングバスが、10月中、徳島のまちを走ります。今回のイベントは、完成したラッピングバスの初お披露目。イラストや文を書いてくれた子どもたちといっしょに、オリジナルバスの完成を祝います。
<ウェブサイト>
http://www.jrt.co.jp/hansoku/umi/hamo/
<お問い合わせ>
海と日本プロジェクトinとくしま  四国放送 営業開発部
電話:088-655-7520  メールアドレス:umi@jrt.jp