海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

「プログラミングで海のSDGs!~海と日本PROJECT~」 小学校へ出前授業 石巻編

一般社団法人イエローピンプロジェクトは石巻市立湊小学校にて「プログラミングで海のSDGs!」の出前授業を開催いたします。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる “日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

2020.09.15

一般社団法人イエローピンプロジェクトは石巻市立湊小学校にて「プログラミングで海のSDGs!」の出前授業を開催いたします。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる “日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

昨年、プログラミングを通してSDGsを学ぶことができるワークショップとして参加者の皆様から大好評を得て、今年8月にも各地で実施し、東京会場のチケットは販売開始直後に売切れてしまうという大人気のワークショップです。

今回は、小学校に出向き5年生のクラスに出前授業という形で開催、という初の試みとなります。

2030年に向けた「持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)」における社会課題解決のための取り組みの中では、ICT活用/プログラミングが重要な役割を果たします。
こういった社会課題を解決するためにICT/プログラミングで貢献し、さらにはみんなが幸せに暮らせるより良い社会を実現するためにこそプログラミング学習は意味があるのです。そこで本イベントではSDGs課題14「海の豊かさを守ろう」をテーマに、漁獲量を考えながら魚を捕るプログラミングに挑戦していただきます。海洋資源は適切な漁獲量を超えてしまうと持続的に資源が得られなくなり、人間社会や生態系への影響が危険なことになります。プログラミングを通して人と生き物が生態系を壊さずに上手に共存していくにはどうしたらよいのかを、自ら考え学ぶ機会になればと思います。

「プログラミングで海のSDGs!」小学校へ出前授業 石巻編
<開催日時>
2020年9月23日(水)2校時9:20~10:05/3校時10:25~11:10
<開催場所>
石巻市立湊小学校(石巻市吉野町一丁目3-21)
<対象>
小学5年生
<内容>
プログラミングでサステナブル漁業体験
SDGsのテーマのひとつ「海の豊かさを守る」について、サステナブルな漁業、つまり海の豊かさを守り続けていくために、未来に向かって今できることについてプログラミングを通じて考えることに挑戦していただきます。
<問い合わせ>
一般社団法人イエロー ピン プロジェクト
TEL:03-5784-4651 FAX:03-5784-2781
E-mail:umip@programming.or.jp