海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

6月19日はロマンスの日!「恋する灯台プロジェクト」2018年度の認定灯台を発表!

2018.06.21

一般社団法人日本ロマンチスト協会(本部:長崎県雲仙市愛野町)は、全国各地の団体と協働して海へのムーブメントをつくりだす日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、2018年も「恋する灯台プロジェクト」を実施します。活動の第1弾として、日本全国に存在する灯台の中から「恋する灯台」の選考を実施。今年は10エリア11基の灯台を「恋する灯台」として認定することになりました。

「恋する灯台プロジェクト」とは、灯台を“ふたりの未来をみつめる場所”としてとらえ、「ロマンスの聖地」として再価値化するプロジェクトです。あらためて地域の観光資源としての灯台の価値を見直し、灯台に訪れる老若男女を増やすことで、世の中の海への関心を高めていくことを目的としています。

■発表!2018年度認定灯台
日本ロマンチスト協会強化委員(2018年5月現在で約1600名)の中から選抜したロマンス宣教師を中心とした有識者で構成された選考委員会によって定めた審査基準に則って、2018年は10エリア11基の灯台を「恋する灯台」として認定します。

認定灯台はこちら

<「恋する灯台」審査基準>
PLACE(場所) …日常を忘れさせて、ふたりの“恋する気持ち”を刺激するロケーションか
【非日常感】

HISTORY(歴史)…心揺さぶられる感動的な逸話、後世に語り継ぐべき歴史を有するか
【物語感】

ACCESS(道のり)…たどり着く道のりが、ふたりの心を近づけ、恋心の高まりを感じられるか
【到達感】

ROMANTIC(ロマンティック)…心が開かれていく自由さと、夢見る気持ちに広がりが感じられるか
【創造感】

OCEAN VIEW(景観)…空と海の青が広がり、世界の果てを感じさせる壮大さが感じられるか
【最果て感】

SHAPE(形) …魅力的なフォルムと、屹立するさまに孤高の美を感じさせるか
【造形美感】

※以上6つの要素の頭文字は「PHAROS(ファロス)」。ファロスとは紀元前3世紀ごろにエジプトのファロス島に伝説の「アレクサンドリアの大灯台」が建造されたことから、フランス語やスペイン語で「灯台」の語源となった言葉です。

■「恋する灯台プロジェクト」2018年活動概要
2018年度、「恋する灯台プロジェクト」では以下の活動を行ってまいります。

1)2018年度「恋する灯台」の認定および表敬訪問・「恋する灯台」観光リーフレットづくり
「恋する灯台」を地域の観光資源として活用いただき、まちづくりに役立てていただくためのきっかけづくりを目的として、今年新たに認定した「恋する灯台」がある市町村(「恋する灯台のまち」)に表敬訪問し、認定証を授与します(2018年7月~10月頃を予定)。

2)「恋する灯台」プラットフォームの構築
今年認定した10エリアを含め、全40エリアの認定灯台を有する自治体や団体の取り組みをWebサイトなどを通じて顕在化させます。また、全認定灯台の担当者にはメールで各地の情報を展開します。そのほかには、モデル自治体を選定して、ほかの自治体が模倣できるような取組みを先んじて実施していきます。
(取組み例)
 -ドローン撮影のルールを策定し、空撮家が灯台を訪れる機会を創出
 -灯台を旅の目的とし、地域の海の文化を堪能できるモデルツアーを構築

3)「恋する灯台」一斉アクション
“旅の目的地”としての灯台をブランディングするためのメッセージ開発や、灯台ツーリズムの楽しみ方の展開など、さまざまな角度から情報を発信することで「恋する灯台」のさらなる認知拡大を図ってまいります。

<お問い合わせ>
「恋する灯台プロジェクト」運営事務局
メール:toudai@japan-romance.com
HP:http://romance-toudai.uminohi.jp