海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

2020年夏、海を味わう多彩なコラボ商品が続々と完成!

海への思いを込めて、今年も多種多彩なコラボ商品が次々と誕生しています。

2020.08.26

2020年夏、海を味わう多彩なコラボ商品が続々と完成!

2020年8月、海と日本プロジェクトの推進パートナーに登録いただいた企業・団体は9000を超え、全国に大きなネットワークが広がっています。
そしてこの夏も、各地の推進パートナーと連携してさまざまなコラボ企画が進められてきました。
とくに食品開発については、夏に発売されるコラボ商品が続々と誕生しています。
今回はそんな全国の商品から、いくつかピックアップしてご紹介します。

暑い日は冷やしてどうぞ。海洋深層水でつくったコラボ甘酒

新潟では、その名も「佐渡の海洋深層水でつくったあまざけ」が8月24日に発売されました。商品化を手がけたのは、新潟を代表する酒蔵の一つである今代司酒造株式会社と、新潟県佐渡海洋深層水株式会社。売り上げの一部が海洋保全団体へ寄付されます。
ノンアルコール、砂糖不使用の自然な甘みで、暑い日は冷やして飲むのがいっそうおいしい!
パッケージのイラストは、新潟市の新しい地域コミュニケーションを創る「まちごと美術館CotoCoto」から採用した作品で、新潟の豊かな海をアピールするステキな商品に仕上がりました。
暑い日は冷やしてどうぞ。海洋深層水でつくったコラボ甘酒
8月24日(月)発売決定‼ 今代司酒造コラボの甘酒

珍しい海の恵をオリジナルメニューに。海なし県で味わえる贅沢!

滋賀県では海と日本プロジェクトのオリジナルメニューとして、「アッパ貝」とも呼ばれるヒオウギガイを使った料理が、東近江市の2つのお店で味わえることになりました。
三重県南伊勢町で育ったアッパ貝はホタテに似た二枚貝ですが、甘味と旨味が濃厚なんだとか。流通量が少ない貴重な海の食材を、海のない滋賀県でも味わえるようにと、楓江庵とのコラボでメニュー化が決定!「魚や楓江庵」、「ビストロ楓江庵」で、それぞれ9月27日までの期間限定で味わえます(写真は「魚や楓江庵」のアッパ貝御膳)。
珍しい”アッパ貝”を堪能できるオリジナルメニュー発売!
珍しい”アッパ貝”を堪能できるオリジナルメニュー発売!

徳島の人気クラフトビールメーカーからコラボビール販売中!

徳島では地元の人気クラフトビールメーカー、あらたえエールとのコラボビールが7月23日に発売されました。あらたえエールは、生きた酵母の味が楽しめるフレッシュな本生ビールで、地元のすだちや酒粕を加えたうまみとコクも特徴です。
郷土の誇りと伝統を伝えたいという思いを持った企業だからこそ、「地元の自然を守る活動がビールの味を守ることにつながる」と考え、今回のコラボが実現しました。
海と日本プロジェクトのロゴ入りパッケージで、県内の飲食店などで販売中です。
コラボビール発売開始!
コラボビール発売開始!

ほかにも、今年の新しいコラボ商品が全国で誕生しています。商品によっては、それぞれのエリア内だけでの限定販売になるので、見つけたらぜひ手に取ってみてください。

9月以降も、宮城では海のサイダーを、愛媛では海のスイーツを、地元高校生と一緒に開発中です。全国各地の取り組みに、今後もぜひご注目ください。