海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

海と日本プロジェクト公式チャンネル動画再生2020トップ5、発表!

さまざまな側面から全国の海の魅力をお届けしているYou Tube公式チャンネル。今年の人気動画を紹介します!

2020.12.17

海と日本プロジェクト公式チャンネル動画再生2020トップ5、発表!

2020年も残りわずかとなりました。
海と日本プロジェクトでは海に関する情報をさまざまな形で発信していますが、今回はYouTubeの海プロ公式チャンネルから、人気動画トップ5をご紹介します。
昨年以前に公開された動画も対象として、2020年の再生回数でランキングしています。

これまで多彩な海の情報をお届けしてきた海プロ公式チャンネルで、今、どのような動画が人気なのか、興味を持って観られているのか。
おなじみの動画や、皆さんのお気に入り動画は入っているでしょうか?ぜひご覧ください。

5位[再生回数約3.4万回] 宇和海の安全を守る若き女性海上保安官

5位には愛媛県宇和島から、宇和島海上保安庁初の女性航海士・安達幸奈さんの活躍ぶりを追った動画がラインクイン。着任から9ヶ月後、巡視艇おいつかぜの乗組員として、操舵や漁船への立入検査、エンジントラブルの応急処置までこなす安達さん。地上業務では園児たちへの啓発活動で紙芝居に挑戦する姿も。新任航海士の成長を通じて、海を守る仕事についてもわかる動画です。
5位[再生回数約3.4万回] 宇和海の安全を守る若き女性海上保安官
宇和海を守る!女性海上保安官

4位[再生回数約3.9万回] みんな大好き!うみダンス

キミがうみを好きになればうみはキミを好きになる〜♪第4位は、2017年7月に公開された「うみダンス」動画が今年も根強い人気でした。今年はステイホーム期間中にたくさんの方々がうみダンスに挑戦してくれました。みなさんはもう歌もダンスも覚えてくれましたか?マル?バツ?みんなで一緒に踊れるように、もう一度、動画でおさらいしてみませんか?
4位[再生回数約3.9万回] みんな大好き!うみダンス
「海と日本プロジェクト」 うみダンス

3位[再生回数約4.6万回] プールでサーフィン体験授業!?

第3位は徳島県の高志小学校で行われた、一風変わった体験授業の様子を伝える動画でした。ユニークな体験授業とは、学校のプールで行うサーフィン体験。プールでサーフィン?とは意外ですが、プロサーファー武知実波さんの指導でしっかり基礎を学んだ子どもたちは「次は海でやってみたい」と意欲的。みんなキラキラとした笑顔で楽しそう!海を身近に感じてくれた様子でした。
3位[再生回数約4.6万回] プールでサーフィン体験授業!?
小学生サーフィン体験会

2位[再生回数約5万回] ぶら島太郎が海猿たちの日常をレポート

1位&2位は、広島の「ぶら島太郎の海魅人に会いたい」シリーズからの2作品!ぶら島太郎ことミサイルマン・西代洋さんが海の魅力を知る海魅人(うみびと)を訪ね、海の素晴らしさを再発見するシリーズ。つい笑顔になってしまうシリーズです。
今回は、海上保安官の仕事を調査するため呉を訪問。巡視船くろせで海猿たちのハードな訓練を見学したり、特別なカレーを一緒にいただいたりしています。「潜水士として最前線に行けることにやりがいを感じる」「メンバー一丸となって瀬戸内海の海を守っていきたい」という言葉に、ぶら島太郎から感謝状が贈られました。
2位[再生回数約5万回] ぶら島太郎が海猿たちの日常をレポート
海の安全を守る“海猿”たちの日常

1位[再生回数約19.7万回] 豊島に伝わる貴重な海文化「家船」を探訪

堂々の第1位は、ぶら島太郎が豊島の貴重な海文化「家船(えぶね)」をご紹介する動画でした。
今回もぶら島太郎が「家船」を探しに港をぶらぶら。家船を持つ西井さんに出会います。実物を見ると、見た目は普通の漁船なのに船内には畳の間が設えられています。これは、かつて長崎の五島列島まで漁に出ていた頃、船上で寝泊まりできるようにと作られた特別な漁船で、夏休みなどには子どもを一緒に連れて行くこともあったとか。全盛期に400艘もあった家船が現在では4〜5艘に減少。豊島漁師の生き様を伝える家船と西井さんに「海がとう!」の感謝状が贈られました。
1位[再生回数約19.7万回] 豊島に伝わる貴重な海文化「家船」を探訪
寝泊まりできる漁船「家船」とは?

いかがでしたか?
公式チャンネルでは今後も新作動画が続々と公開されていく予定なので、ぜひお気に入りを探してみてください。