海洋アカデミー マリンスポーツ体験会in平和学園〜海と日本PROJECT〜

2018.02.22

海洋アカデミー マリンスポーツ体験会in平和学園は、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムです。海の楽しみを広く伝えるため、小学校でシーカヤックなどのマリンスポーツの体験会を実施しました。

海での授業を通じて海に興味を持ってもらい、きれいな日本の海を保全し、後世にまで引き継いでいくこと、また、海での遊び方を学び、ヨットやシーカヤックを体験することで、仲間との連帯感や協調性を身に着けていくことを目的としています。
また、前日には平和学園にてセミナーを開催し、東京海洋大学准教授川名優孝氏からの海の環境についての講義、海洋冒険家白石康次郎氏による講演会を実施。その後に実際に海を体験することで、より海への興味関心を高めることを目的としています。

日程
2017年12月22日(土)

開催場所
シーボニアマリーナ

参加人数
21人

主催
一般社団法人 日本海洋アカデミー

アクセスディンギー体験

2名1組でペアを作り、アクセスディンギーに乗船。セーリングの仕方をスタッフたちに教わり、子どもたちだけで操船しました。

風を感じ、風を読みながら自らセイルを操り、船を進めることによって、自主性を養ったり達成感を味わうことができるプログラムを実施しました。

シーカヤック体験
2名ペアで息を合わせてパドルを動かし、シーカヤックを進めます。二人の息が合わないとなかなかうまく進むことができない乗り物です。

小学生でもあっという間にうまくなり、楽しく体験することができました。

小網代湾クルージング体験
穏やかな小網代湾をボートに乗りクルージング。
奇跡の自然と呼ばれている小網代の森、干潟、海を見ながら、環境を学ぶことができるプログラムです。

電池推進船を使用し、環境にやさしい船でのクルーズとなりました。海の環境や地球の環境を考えてもらう機会をつくりました。



海の環境についての講義

横浜国立大学の水井涼太先生による海洋生物と海の環境に関する講義、東京海洋大学の川名優孝先生による海や地球の環境に関する講義を行いました。

小学生にもわかりやすく海洋生物についての講義を行ってくださいました。様々な海の生き物の写真や実際の海で採取したプランクトンを投影し、動いている様子を見ての観察も行い、海の生物を通じて海や地球の環境についての理解を深めることができました。

参加者の声
・自分で風の力だけで船を動かすことができたことがとてもうれしかったです。
・シーカヤックはお友達と息を合わせることが難しかったですが、だんだん慣れてくるとコツがわかるようになり、行きたい方向にも行けるようになりました。
・またアクセスディンギーに乗ってみたいと思いました。
・小網代の森の説明を聞いて、今度行ってみたいと思いました。
・海の水がきれいで、学校の近くとは違う透明度で驚きました。
・その場で採取したプランクトンを見て、動いているプランクトンがたくさんいることに驚きました。夏の方がたくさんのプランクトンが活動していると聞き、また見てみたいと思いました。
・地球の環境がこのまま悪くなってしまうと生き物は住めなくなってしまうことを知りました。海をきれいに保つためには、自分が生活しているところもきれいに保たないと影響を与えることを知りました。ごみのポイ捨てや汚染物質の廃棄等についてもっと深く考えたいと思いました。
・普段目にしている海には様々な生き物がいて、相模湾は豊富な種類の生き物が生息していることを知り、もっと見てみたいと思いました。

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

日本財団

海洋アカデミー マリンスポーツ体験会in平和学園〜海と日本PROJECT〜 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。