志賀島を五感で体験「海を聴く〜海中レコーディングにチャレンジ!」

2018.08.02

イベント概要

九州大学大学院芸術工学研究院附属ソーシャルアートラボは、今年、「海と神話をつなぐ〜志賀島プロジェクト2018」を始動します。本事業では、志賀海神社および志賀島の島民の方々、また志賀島を長年研究している福岡市博物館と協働しながら、志賀島と海が育む文化の多層性を、学際的な観点とアートの手法を取り入れながら顕在化させることで、多世代の人々が再認識できる場を提供します。

9月1日(土)には、志賀島漁港近くの桟橋から海に釣り糸のように水中マイクをたらし、海の音をレコーディングするワークショップを行います。いっけん、しずかにみえる海面とはまったく異なり、海のなかは音で満ちあふれています。エビなどの海中生物たちが発するダイナミックなサウンドが広がっているかもしれません。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

内容

ワークショップ「海を聴く〜海中レコーディングにチャレンジ!」
桟橋から海に釣り糸のように水中マイクをたらし、海の音をレコーディングするワークショップ。
【講師】
岡崎峻(九州大学芸術工学府博士後期課程満期退学)
【定員】
15名(要申し込み・先着順)
【参加条件】
小学校3年生〜中学校3年生。
※小学生の場合は、必ず保護者が同行してください。
【参加費】
1000円
【申し込み方法】
ソーシャルアートラボのウェブサイトからお申し込みください。
お申し込みフォームにご記入いただいた方に、
メールで入金方法をご案内します。入金確認後に受付完了となります。

 

日程

9月1日(土)15:00〜18:00

団体名

国立大学法人 九州大学ソーシャルアートラボ

場所

志賀島・ふたば幼稚園にて集合
志賀島へは、
a)天神・博多から車で50~70分
b)「博多埠頭」から福岡市営渡船で30分
c)JR西戸崎駅からバスで10分
ふたば幼稚園へは、志賀島渡船場から徒歩10分、バス停「志賀島小学校前」から徒歩2分。

事業サイト

http://www.sal.design.kyushu-u.ac.jp/

お問い合わせ

九州大学ソーシャルアートラボ 志賀島グループ
メールアドレス:sal-sea@design.kyushu-u.ac.jp
電話:050-3573-4283

※日程等の情報は変更される場合があります。最新の情報、詳細については主催団体にご確認ください。

日本財団

志賀島を五感で体験「海を聴く〜海中レコーディングにチャレンジ!」 のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。