海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

レノファ山口FCごみ分別維新1 〜海と日本PROJECT〜

サッカーJ2レノファ山口FCのホーム戦への来場者に対して、海洋ごみ問題に関する啓発活動を行いました。

2021.04.01

海ごみゼロ維新プロジェクト実行委員会
株式会社レノファ山口FC

山口市の維新みらいふスタジアムで海洋ごみ問題に関する啓蒙活動を実施しました。スタジアムのメインゲート付近に特設ブースを設置、ハーフタイムイベントでは海洋問題に関心を促す呼びかけを行い、サポーターのみなさんにはごみの分別に協力していただきました。

サッカーJ2レノファ山口FCのホーム戦への来場者に対して海洋ごみ問題について理解を深めてもらい、山口県の美しい海を守る活動の第一歩としてごみの分別の必要性を訴えました。

日程
2020年9月9日(水)

開催場所
山口市・維新みらいふスタジアム

参加人数
488人

主催
海ごみゼロ維新プロジェクト実行委員会

協力
株式会社レノファ山口FC

ペットボトル投入イベントでごみ分別をアピール

スタジアムのメインゲートとグッズ売り場の間に特設ブースを設置して、ごみ分別の啓発を行いました。
来場者に対し、海ごみゼロをアピールする特製のクジラのモニュメントにキャップと包装をはがしたペットボトルを投入するよう呼びかけ、ペットボトルを持参してイベントに参加してくれた人全員に、ガラポン抽選会を実施しました。CFBオリジナル商品や選手のサイン入りボール、テレビ山口グッズ等を景品としてお渡ししました。
ファミリー層も多く集まり、子どもたちも主体的に参加してくれました。用意した景品がすべてなくなったあとでもペットポドルを投入してくれる人も多く見られました。コロナ禍のため、スタジアムへの来場者は1,093人でした。

ハーフタイムイベントでは海洋ごみへの理解を訴求

ハーフタイムイベントでは、スタジアム内のビジョンで「CHANGE FOR THE BLUE」のオリジナル動画を放映しました。
ピッチ横ではテレビ山口アナウンサー・木村那津美が、来場者に対して海洋ごみ問題への理解を深めるコメントをアナウンスしました。
また特設ブースで、ペットボトル投入イベントへの参加を来場者に呼びかけました。

スタジアム周辺にごみステーションを設置

スタジアム周辺の2か所に「CHANGE FOR THE BLUE ごみステーション」を設置しました。
来場者が、ごみの分別を自主的に行っている様子が多く見受けられ、分別が徹底されました。

参加者の声
・海ごみ問題について、映像やアナウンスなどいろいろなことを通じて楽しめた
・海のごみについて考える機会がなかったので、とても勉強になった
・ペットボトルなどがリサイクルできることを知ることができた
・入場してから試合までの時間が長かったので、家族で海のごみについて学べて有意義な時間になった

メディア掲出
・2020年9月10日 テレビ山口「ニュースタイム」

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています。

参加人数:488人