BIWAKO湖フェス2018~海と日本プロジェクト~

2018.09.10

BIWAKO湖フェス2018は、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」のサポートプログラムです。滋賀県琵琶湖で、次世代を担う子ども達や障がいのある方々が、安心して参加できる湖上スポーツを体験したり、湖の魅力・大切さを伝えるイベントを開催しました。

琵琶湖への好奇心を喚起し、障がいの有無に関わらず、本イベントを通じ交流を図る事で、誰もが琵琶湖と共に豊かに暮らすための行動を行うきっかけとなることを目指しています。また、本事業の実施を、「いつでも」「だれでも」利用できる湖上スポーツの拠点づくりに繋げていくことを目的としています。

日程
2018年8月4日(土)~8月5日(日)10:00~16:00

開催場所
大津市サンシャインビーチ(滋賀県大津市由美浜)

参加人数
2日間延べ 2,000名

主催
特定非営利活動法人琵琶湖ローイングCLUB

ウォータースポーツ体験!
琵琶湖で盛んなウォータースポーツを気軽に体験できるプログラムを用意し、ちびっ子はもちろん、障害ある方や高齢の方々にも参加していただきました。

・ボート(60名)
・カヌー(177名)
・サップ(75名)
・ウォーターチューバー(122名)
・タンデム自転車(12名)
・ブラインドサッカー(6名(8/4のみ))
総勢452名がウォータスポーツを体験!

パラリンピックアスリート日本代表選手によるトークショー
最初にオープニングセレモニーが開催され、イベント開催に対する想いや、これからの展望についてご挨拶いただきました。
■ご登壇者
・滋賀県知事 三日月 大造氏
・参議院議員 二之湯 武史氏
・滋賀県議会議員 佐藤健司氏
・関西ボート連盟会長 奥村 功氏
・日本財団海洋事業部海洋チーム 梅村岳大氏
・特定非営利活動法人琵琶湖ローイングCLUB代表 小原隆史

その後、滋賀県知事と滋賀県にゆかりのある日本代表選手によるトークショーを実施。
2020年東京オリンピックを目指すパラアスリートの選手から、滋賀のスポーツの発展に向けて練習環境の課題や琵琶湖のさらなる活用法などについて、お話しいただきました。
■テーマ「滋賀のスポーツ発展への提言」
■ご登壇者
・滋賀県知事 三日月 大造氏
・リオパラリンピック陸上視覚障害者マラソン日本代表 近藤寛子選手
・パラトライアスロン日本代表 宇田秀生選手
・リオパラリンピックボート競技日本代表 谷口佑樹選手

ボクシング世界チャンピオンとパラ日本代表選手がボートで激突!
特別ゲスト企画として、ウォータースポーツ対決などを行い、トップアスリートの真剣勝負で盛り上がりました!真剣勝負のレース後にはトークショーも行われました。

■特別ゲスト
しがスポーツ大使、元WBC世界バンタム級チャンピオン 山中慎介氏

■対決内容
・エルゴ500m対決
vs リオパラリンピックボート競技日本代表 谷口佑樹選手
・ボートエキシビションマッチレース
山中氏+琵琶湖ローイングCLUBチーム
大津市長 越 直美氏+大津市議団チーム
日本財団 梅村氏チーム

琵琶湖にちなんだステージショーが次々と!
2日間のイベント開催中、ステージショーでは琵琶湖にちなんだキャラクターや、琵琶湖近辺で活動するチームやエンターテイナーのステージショーが行われ、イベントを盛り上げました。

【キッズダンスステージ・フラダンスステージ】
滋賀県を拠点に活動している全23チーム総勢200名を超えるキッズダンサー達が、元気いっぱいの踊りを繰り広げました。
また、近畿各地で活動している全15ハラウのフラダンサー達もイベントを華々しく飾ってくれました。

【アミンチュショー】
滋賀で子ども達に大人気のショー。
野洲のおっさんなど愉快なキャラクターが登場し、ステージを盛り上げました。

【その他ステージ】
8/4
◆滋賀キッズコレクション/キッズモデルによるファッションショー
◆演奏/ 平氏によるアコースティックライブ
◆巨大シャボン玉体験
8/5
◆オープニング演奏/大津商業高校吹奏楽部
◆演奏/ 近藤ゆみ子氏による よし笛演奏
◆演劇/「社会福祉法人まちプロ一座」による演劇
◆PRキャラクター大集合・大抽選会

琵琶湖にスポーツ拠点を!レインボー丸プロジェクトブース
琵琶湖に障がいの有無にかかわらず一緒にスポーツが楽しめる拠点(なぎさのスポーツセンター)を建設することを目指しています。イベントの参加者に対し、レインボー丸プロジェクトについての認知、拠点への理解と共感を得ることを目的に、ブースを解説しました。

◆内容
パネル展示(A1パネル21枚)
レインボー丸クイズ
アンケート
署名
レインボー丸募金
グッズ販売

琵琶湖にスポーツ拠点を!レインボー丸プロジェクトブース
琵琶湖やウォータースポーツにちなんだブース出店
さまざまな琵琶湖やウォータースポーツにちなんだブースが出店し、イベントを盛り上げました。

【各出店ブース】
■滋賀県琵琶湖保全再生課
■滋賀県立琵琶湖博物館
■ワールドマスターズ&滋賀国体PRブース
■わくわく手作りブース(参加費500円)
オリジナル缶バッヂづくり、ブレスレットづくり
■エルゴ体験(参加費200円)
■レインボー丸かき氷
■その他協賛企業ブース
(キャムズ・おさるの森・ファイバー・WPP)

琵琶湖の恵みや、滋賀の食材を活かした飲食ブース
滋賀の地元の食材を活かした飲食ブースが多数出店し、どのブースも賑わっていました。

【各飲食ブース】
■近江焦がし唐揚げ
■滋賀県産野菜のカレーライス
■滋賀県産野菜の焼きたてピザ
■信楽野菜のお惣菜ランチ
■焼きそば&粗挽きポークフランク
■コロッケ
■滋賀県産果物のクレープ
■ポップコーン
■朝宮茶かき氷
■各種飲料

参加者の声
・初めてボートに乗りました。楽しかったです。
・とても楽しかったので、気軽にボートに乗れる場所ができれば良いと思いました。
・とても暑かったが、風が吹いていたので気持ちが良かっです。 海の潮風みたいにべたついていなく、過ごしやすいと思いました。

メディア掲出
【新聞】
7/20 朝日新聞朝刊滋賀版地域面(事前告知記事)
7/26 滋賀報知新聞(事前告知記事)
8/05 中日新聞朝刊滋賀版地域面(4日 1日目の様子)
8/05 京都新聞朝刊滋賀版地域面(4日 1日目の様子)

【テレビ】
7/3~8/3 びわ湖放送事前告知CM https://www.youtube.com/watch?v=BACv2QTAfrM
7/31 びわ湖放送「キラりん滋賀」(事前告知)
7/31 びわ湖放送「知ったかぶりカイツブリにゅーす」(事前告知)
8/01 びわ湖放送「知ったかぶりカイツブリにゅーす」(事前告知)
8/02 びわ湖放送「知ったかぶりカイツブリにゅーす」(事前告知)
8/04 びわ湖放送「BBCニュース」(1日目の様子)

【ラジオ】
8/3 (イベント告知) えふえむ草津「イブロケ785 FRIDAY」17:00~19:00

【その他】
滋賀県ホームページ「びわ活ガイドブック」「びわこと」8月版

告知ページ
湖フェス2018ホームページ
http://www.rainbowmaru.jp/umifes/index.html
Facebook
https://www.facebook.com/rainbowmaruproject/
Twitter
https://twitter.com/umifes_biwako/

<チラシ、ポスター>

<会場内スタンプラリーカード>

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

日本財団

BIWAKO湖フェス2018~海と日本プロジェクト~ のページです。日本全国の海に関する様々な情報を日本財団「海と日本PROJECT」がお届けします。おでかけにぴったりなイベント情報や、海の現状を知る最新調査報告など、海を知って、海を思い、海に集うための情報が満載です。