海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

陸養プロジェクト2019 長崎 〜海と日本PROJECT〜

「陸上養殖」の経験を通じて、子どもたちに水産資源や生命の大切さ、地域の海について学んでもらう陸養プロジェクトを、長崎県の精道三川台小学校で開始しました。校内に水槽を設置して、実際にクエの稚魚を育てていきます。

2019.12.11

小学校と連携し、校内での陸上養殖体験を通じて、小学生たちに水産資源や命の大切さ、地域の海について学んでもらうプロジェクトを、精道三川台小学校で実施しました。

陸養プロジェクトは、各地の小学校と連携して、①海の魚を、子供たちが自ら育て、考え・行動することで生命の大切さを学ぶこと、②「陸上養殖」を通して水産資源の貴重さや、自分たちが住む地域の海の問題についても同時に学ぶこと、③小学生が能動的に海に対しての問題意識=アクションを起こすことを促進させること、を目的に活動しています。

日程
2019年9月~2020年3月

開催場所
精道三川台小学校

参加人数
17人(児童16人、先生1人)

主催
“陸養”プロジェクト実行委員会

共催
日本財団 海と日本プロジェクト/NPO法人 日本養殖振興会

協力
長崎文化放送株式会社、長崎市水産農林部、長崎ペンギン水族館

水槽設置と飼育説明授業(9月24日)

10月からスタートする飼育に向けて、水質を安定させるため事前に水槽を
設置する授業を行いました。
講師を務めるNPO法人日本養殖振興会の齋藤氏から、魚の飼育方法などについて説明を受け、水槽も説明を受けながら自分たちで作りあげました。

水槽設置と飼育説明授業

お魚受け入れ式(10月3日)

飼育をはじめるクエをもらい受ける「クエ受け入れ式」を開催し、式後、齋藤氏から飼育方法などを学ぶ座学を実施しました。
式には来賓として、長崎市水産センターの村瀬所長、長崎ペンギン水族館の大塚氏も出席されました。

お魚受け入れ式

参加者の声
(水槽設置式)
・海水魚を育てたことがなく、とても貴重な体験を児童たちに与えられることができる(先生)。
・水槽設置を行い、いよいよクエを育て始めるという意識が高まった(生徒)。

(お魚受け入れ式)
・座学を受け、海水魚を育てる難しさと意義を感じた(先生)。
・日々の飼育でクエの少しの変化にも注意を払い育てないといけないと思った(先生)。
・水産県である長崎で非常に良いプロジェクトを実施いただきありがたい(長崎推進センター所長)。

メディア掲出
長崎文化放送
長崎新聞

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

参加人数:17人