海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

2019 さばける塾 in かごしま ~海と日本PROJECT~

各地の調理専門学校等の協力のもと、魚のさばき方教室を開催しました。魚をさばくことは命に触れ、海の恩恵に想いを馳せる行為。日本古来の技法で魚を“さばける”ことへの憧れや喜びを掘り起こし、多くの“さばける男子・さばける女子”の育成に努めました。

2020.02.12

2019 さばける塾 in かごしま ~海と日本PROJECT~

鹿児島県では、今村学園ライセンスアカデミーの協力のもと、さばける塾を開催しました。

魚を“さばく”という行為が、海や自然への恩恵に思いを馳せることにつながり、海への関心、海洋環境保全活動を喚起することに着目。「さばける塾」により、さばける男子、さばける女子を増やすムーブメントを起こすことが目的です。

日程
2019年8月31日(土)

開催場所
今村学園ライセンスアカデミー(鹿児島県鹿児島市)

参加人数
31人(親子12組)

主催
日本さばけるプロジェクト実行委員会

協力
海と日本PROJECT in 鹿児島実行委員会

魚をさばくことを通じて、海の問題を考えてほしい

31人の親子が今村学園ライセンスアカデミーに集まり、海と日本PROJECT in 鹿児島の推進リーダーを務める上園歩美さんの進行でイベントが始まりました。はじめに本プロジェクトの趣旨、概要説明を行いました。海洋環境についての現状や課題を知ってもらい、今後どうすればよいかについて、魚を「さばくこと」を通して考えてもらいたいと話しました。

次に講師の先生方によるデモンストレーションです。今回調理する魚は「アジ」。さばいた後の調理についても先生方から説明がありました。

魚をさばくことを通じて、海の問題を考えてほしい

アジをさばいてアジフライバーガ-を作る

いよいよ参加者による調理開始です。慣れない包丁を手に、さばいていきます。さばいた後は、調理! この日はアジフライバーガーを作りました。
調理の手順は以下の通りです。

・アジを三枚おろしにする。
・おろしたアジに、塩、コショウ少々ふり、2枚重ねて、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につける。
・170~180℃の油で揚げる。
・パンの間にレタス、スライスチーズ、アジフライをのせ、中濃ソース、タルタルソースをかけ、トマトにのせて盛り付けたら完成。

完成したアジフライバーガ-は、みんなでいただきました。自分でさばいたアジフライは格別でした!

最後に、参加された皆さんには、最後に「さばけるマスター認定証」がおくられました。これからも「さばく」ことに挑戦してほしいと思います。

アジをさばいてアジフライバーガ-を作る

参加者の声
・子どもが魚をさばく難しさ、楽しさを感じることができたと思います。
・子どもだけでも魚がさばけていたので、これからどんどんさせようと思います。
・新鮮な魚をさばく体験ができてとても良かったです。
・普段はなかなか体験することができないので、とても良いきっかけになりました。今後、家でもぜひやってみたいと思います。
・子ども自身がさばくので、良い経験になりました。
・魚を一尾買って、家でさばいてみようと思います。
・魚をさばくことで、食育に繋がると思います。また、参加したいです。
・勉強になりました。

メディア掲出
9月17日 16:33~ 南日本放送 「かごしま4」

イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています

参加人数:31人