海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

  • 海と日本PROJECT
  • お知らせ
  • 松原小5年生が浜田の日本遺産「外ノ浦」を学ぶ 日本遺産の誇りでつなぐ海洋教育連携事業北前船の海上交易...

松原小5年生が浜田の日本遺産「外ノ浦」を学ぶ 日本遺産の誇りでつなぐ海洋教育連携事業北前船の海上交易から水産業の町浜田へ

「一般社団法人北前船交流拡大機構」は、2018年に日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~」に追加認定された外ノ浦周辺で、小学生が地域の海について学ぶ「日本遺産の誇りでつなぐ海洋教育連携事業」を実施します。

2020.09.09

「一般社団法人北前船交流拡大機構」は、2018年に日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~」に追加認定された外ノ浦周辺で、小学生が地域の海について学ぶ「日本遺産の誇りでつなぐ海洋教育連携事業」を実施します。
この事業は、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として行うもので、全国16のエリアの小学生が、海が暮らしにもたらした恩恵を学び、海と生きる国の誇りと、海を尊ぶ意識を醸成することを目的としています。
浜田市では、松原小学校の5年生が『北前船の海上交易から水産業の町浜田へ』と題し、日本遺産に認定されている外ノ浦周辺と、その資料が展示されている浜田城資料館を見学します。
見学を通して、北前船の寄港地に適していた浜田が、北前船による交易で経済的・文化的に大きな発展を遂げたことを学びます。
その後の授業で、現在の浜田は水産業の街として、そして国際貿易港として発展していることを学びます。
また学んだことを生かし、浜田の海の魅力を発信するため、「ふるさと納税品」の開発につなげます。

日本遺産の誇りでつなぐ海洋教育連携事業 『北前船の海上交易から水産業の町浜田へ』
~「モノの輸送における海の重要性」と「水産業の街として発展した経緯」を学ぶ~
<開催日>
9月18日(金) 8:45~12:00 (予定)
<開催場所>
① 浜田市浜田城資料館(9:00~10:00)
② 外ノ浦周辺(10:20~11:20)
③ 松原小学校(11:30~12:00)
時間は変更になる場合があります ※悪天候の場合、外ノ浦周辺はバス車内から見学します
<対象>
松原小学校(浜田市) 5年生 23名
<講師>
浜田市教育委員会 文化振興課 小松 真人
<主な学習内容>
浜田市の発展に大きく貢献した北前船
北前船の寄港地として最適であった浜田
<主催>
一般社団法人北前船交流拡大機構
<運営>
海と日本プロジェクトinしまね実行員会
<お問い合わせ>
海と日本プロジェクトinしまね事務局 西部担当(TSKさんいん中央テレビ西部支社内)
電話:0855-22-2552(平日9:30~18:00)
<ウェブサイト>
https://shimane.uminohi.jp/