海と日本公式サイトの最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget official-newest" src=" https://www.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://uminohi.jp">海と日本PROJECT【日本財団】</a></iframe><script src=" https://www.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

ブリ漁獲量全国3位の函館で、地ブリを味わう。 1ヶ月間に渡るブリ食の祭典 「函館ブリフェス」を開催しました! 10月1日(金)〜 10月31日(日)

はこだて海の教室実行委員会は、函館でのブリの漁獲量が最盛期を迎える10月に函館を中心とした道南エリアにおいて、地元で獲れるブリ=地ブリを味わう食文化を作るべく、ブリの消費拡大の強化月間として様々な企画を実施する「函館ブリフェス」を開催しました。

2022.01.11

はこだて海の教室実行委員会は、函館でのブリの漁獲量が最盛期を迎える10月に函館を中心とした道南エリアにおいて、地元で獲れるブリ=地ブリを味わう食文化を作るべく、ブリの消費拡大の強化月間として様々な企画を実施する「函館ブリフェス」を開催しました。

このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

「函館ブリフェス」
日程
2021年10月1(金)〜31日(日)
開催場所
函館市内、函館近郊エリア(北斗市、木古内町、知内町、七飯町、福島町)
協力
はこだて・ブリ消費拡大推進協議会(渡島総合振興局)

道南エリア60店舗以上の飲食店とスーパーで函館ブリたれカツを販売

地球温暖化による海水温の上昇などによりブリの漁獲量が急増し、2018年には全国3位の漁獲量を記録した函館。しかし、地元での消費量は全国平均の2分の1以下という現状があります。
その背景として地元で食べる習慣がないことに加えて、ブリに対して生臭いなどといったイメージを持っている人が多いという原因もあります。そこで、下処理でブリを牛乳に漬けこみ、昆布エキスを塗り込むなど「5つのルール」を厳守することで、臭みのない状態で美味しくブリを味わうことのできる新ご当地グルメ「函館ブリたれカツ」を2020年に開発しました。
今年は函館ブリフェス期間の1ヶ月間、函館市内・近郊エリアの飲食店38店舗、スーパー22店舗と連携し函館ブリたれカツを販売。今年初参加のスーパーでは函館ブリたれカツを惣菜として販売し、一部店舗でご購入いただいた方に先着で、ブリをコンフィにした缶詰をプレゼントするなど、地元で馴染みの薄かったブリが食卓に並ぶ機会を創出しました。飲食店では各店が工夫を凝らしながら函館ブリたれカツに合うオリジナルのたれを開発・メニュー化。甘だれ、カレー、黒酢などたれのジャンルは多岐に渡り、中にはスープカレーやラーメンの具材として活用した飲食店も。若年層から高齢者までの様々な世代にも大好評で、全飲食店での1ヶ月間の総提供数は2324食、スーパーでの惣菜販売総数は10226パックで、多くの方々に地ブリをお楽しみいただきました。美味しく食べることを入り口にイカの街として知られていた函館で、今なぜブリなのかという部分に興味を抱いてもらい、函館市民にブリ漁獲量急増の背景にある海洋環境の変化を知っていただく1ヶ月となりました。

Twitter投稿キャンペーン「地ブリを食べてブリリアントな景品を当てよう」を実施

10月10日(”トト”=魚の日)から16日(世界食糧デー)の1週間を「海のごちそうウィーク」と称し、この期間中、函館ブリフェス参加飲食店で函館ブリたれカツメニューを注文しTwitterで指定の条件を満たした投稿をすると、抽選で地ブリの郷南茅部に佇む秘湯の湯 ホテル函館ひろめ荘ペア宿泊券や、函館ブリフェス参加飲食店で使用できるブリリアントなコース料理ペアお食事券、函館産神経締めブリ丸ごと1匹など、ブリにまつわる賞品が当たるキャンペーンを実施しました。当選された方を対象に実施したアンケートでは、ブリは年に1回程度しか食べないという回答が半数を占めていましたが、今回のキャンペーン応募をきっかけに函館ブリたれカツを食べてみて、他のお店でも注文してみたいなどといったコメントも多く寄せられました。

美味しく・楽しくブリを味わう1dayイベント「函館地ブリパーク」を開催

10月10日(日)函館蔦屋書店にて、ブリを使用した飲食メニューの販売や、商品化に向けて開発中の北海道産ブリ節を使用した函館ブリ塩ラーメンの無料提供、小学生向け海のお仕事体験プログラム、磯の生き物に触れるタッチプールなどを実施する「函館地ブリパーク」を開催しました。
食や仕事といった様々な観点からブリに触れる機会を作り、函館で暮らす方々に美味しく・楽しく海の変化についてメッセージを発信しました。

函館地ブリパークに関する記事はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000360.000077920.html

コメントや感想

【函館ブリフェス参加店の声】
・函館ブリたれカツを目当てにご来店いただくお客様がいたり、テイクアウトでお持ち帰りいただく方がいたりと、私たちでさえ馴染みの薄いブリが地元に少しずつ受け入れられていく様子を感じました。
・一度食べてみると、臭みがないことに驚き「美味しい」と言ってくださる場合がほとんどでした。中にはリピートして食べに来てくださる方もいらっしゃいました。

【函館ブリたれカツを注文したお客様の声】
・40代男性
なぜ函館でブリ?と疑問を抱いていましたが、期間中にテレビや新聞などでも函館でのブリの漁獲量が増加しているニュースを見て、地元で獲れている魚を食べてみたいと思い、注文しました。
・20代女性
本当にブリなのかと疑ってしまうほど、臭みがなく身がふっくらとしていてとても美味しかったです。函館ブリフェスが終わってもまた食べたいと思う味でした。

【期間中にSNSで投稿されたコメントから】
・函館地ブリパークに参加し、海でブリが獲れてから自分たちの口に入るまでの流れを勉強した息子が、お家でもブリたれカツを作りたいと言うので、初めてブリを購入し息子と一緒に家庭で調理してみました!



イベントレポートは実施事業者からの報告に基づき掲載しています